うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

Posts Tagged ‘抗うつ薬’

強迫性障害を改善または克服

2010-02-02

強迫性障害について

強迫性障害強迫性障害は強迫観念と強迫行為の2つがあってはじめて強迫性障害と診断されます。

因みに強迫観念とは、本人の意志とは無関係に頭に浮かぶ不安感を生む観念のこと。
強迫行為とは、その強迫観念を追い払うために行う行為を指します。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

強迫性障害とは

大丈夫だと思いながらも「もしかしたら・・・」という万が一の危険を恐れる気持ち(強迫観念)が増大することと、その危険を取り除き、不安を打ち消すための動作や行動(強迫行為)に悩む状態のことを強迫状態と言い、この強迫状態を頻繁に繰り返す病気が強迫性障害です。

恐怖を感じる対象は、人によって様々で、近年は特に汚れや細菌を恐れる「不潔恐怖」に悩む人が増加しています。

これは、例えば、何かに触るたびにバイ菌がついたと思いこみ、1日に何度も手を洗わないと気が済まないという例や、自宅以外のトイレには絶対に入らないといった、異常なまでに恐怖の対象を打ち消す行為に熱中するというもので、その行為に時間を取られ、疲弊して生活に支障をきたしてしまいます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

強迫性障害に見られる代表的な治療法

こうした強迫性障害に陥ると、自分でも心の中では「こんなことしてバカみたい」「なぜ、こんなことをしなくちゃいけないんだ?」という風に思っているのです。

しかし、それでも、襲ってくる不安が大きく、どうしてもこのような行動をとってしまうのです。

この強迫性障害は神経症の1つですが、他の神経症と同様に非常にうつ病を伴いやすい病気であることが知られています。

強迫性障害には、カウンセリングといった心理療法は役に立たず、SSRIのような抗うつ剤による薬物療法が効果を発揮します。

代表的な薬として、プロザックという抗うつ剤がありますが、これは脳内の神経伝達物質(セロトニン)を増加させる機能を持ちます。

従来の抗うつ剤はプロザックと同様の機能はありますが、副作用が非常に強く、強迫症状を抑えるのに必要な量を投与することが困難だと言われてきました。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を改善または克服

2010-02-02

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について

PTSD(心的外傷後ストレス障害)阪神・淡路大震災後やオウム真理教の地下鉄サリン事件後に、被災者や被害者の間に多数見られたことで、マスコミに取り上げられ、一般にも広く知られることになったPTSD(心的外傷後ストレス障害)

死を身近に感じるほどの危険や恐怖、無力感に直面したことで、その出来事の記憶を反復して再体験(想起)し、日常生活に支障をきたしてしまうストレス障害です。

近年では、事件・事故が起こるたびに、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の発症が憂慮され、メンタルケアの重要性が指摘されています。

治療に関しては、個々の症状に対応するケアだけでなく、被害にあった方々の全存在にかかわる問題に直面しているという理解に基づいたケアが必要です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、Post-traumatic Stress Disorderの略称で、災害や事故、暴行、強迫、殺傷といった強烈な心的外傷つまり心の傷を起こすようなトラウマ体験(外傷的体験)によって、耐え難い心理的ショック(ストレス)を生じる神経症の1つです。

ここで言うトラウマ体験(外傷的体験)とは、人の対処能力を超えた圧倒的な体験で、その人の心に強い衝撃を与え、その心の働きに永続的、不可逆的な変化を起こすような体験を意味します。

こうした圧倒的な衝撃は、普通の記憶とは違い、単に心理的影響を残すだけでなく、脳に「外傷記憶」を形成し、脳の生理学的な変化を引き起こすことが近年の研究で明らかになっています。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)患者の神経生理学的な兆候は、神経画像的研究、神経化学的研究、神経生理学的研究、電気生理学的研究などで証明されつつあります。

外傷記憶は時がたっても薄れることがなく、その人が意識するしないにかかわらず、一生その人の心と行動を直接間接的に支配します。

外傷記憶を形成するような体験とは、戦争、家庭内の暴力、性的虐待、産業事故、自然災害、犯罪、交通事故など、その人自身や身近な人の生命と身体に脅威となるような出来事です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に見られる症状の特徴

PTSD(心的外傷後ストレス障害)では、その種の出来事に対して、恐怖、無力感、戦慄などの強い感情的反応を伴い、長い年月を経た後にも、このようなストレスに対応するような特徴的な症状が見られます。

例えば、患者はその外傷的体験を反復的、侵入的に再体験(フラッシュバック)したり、外傷的体験が再演される悪夢を見たり、実際にその出来事を今現在体験しているかのように行動したりします。

あるいは、そのような出来事を思い出させるような活動、状況、人物を避けたり、その結果として孤立化したり、感情麻痺や集中困難、不眠に悩まされたり、いつも過剰な警戒状態を続けたりします。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、大きな心理的ストレスを体験してから数日、もしくは数週間経過した後に急性発症する場合がほとんどですが、数ヶ月後に発症するケースもあります。

一般的には、数週間経過した後、体験した出来事の情景が当時の感情と身体感覚を伴って、リアルにありありと再現(フラッシュバック)され、これが何度も繰り返されます。

その度に、何度も当時体験した非常な精神的苦痛を再体験することになるので、情動的に不安定となり、落ち着きがなくなり、イライラしやすく、同時にビクビクしており、時には突発的な暴力行為を起こすこともあります。

そのため、当然、仕事や勉強などは手につかず、記憶障害を伴ったり、過度の警戒や怯えが現れたり、れないということが起こります。

この症状が急性的に発症した場合は、ほぼ半年以内に自然消滅します。
しかし、これが慢性化すると、数ヶ月から数年継続し、たびたび重大な能力障害を引き起こすこともあります。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の主要症状は以下の再体験(想起)・回避・過覚醒の3つです。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の主要3症状>

1)再体験
原因となった外傷的な体験が、意図しないのに繰り返し思い出されたり、夢に登場したりする

2)回避
体験を思い出すような状況や場面を、意識的あるいは無意識的に避け続けるという症状、およびや感覚などの反応性の麻痺という症状を指す

3)過覚醒
交感神経系の亢進状態が続いていることで、不眠やイライラなどが症状として見られる

アメリカ精神医学会の診断マニュアル第4版(DSM-IV)では、再体験(B項目)が5項目中1つ以上、回避(C項目)が7項目中3つ以上、過覚醒(D項目)が5項目中2つ以上、揃っていることが診断のために必要です。

さらに、それらの症状が1ヶ月以上持続(E項目)、自覚的な苦悩か社会機能の低下が明らかな場合(F項目)に、医学的にPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されます。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療には、一般に心理療法(行動療法)と薬物療法が有効であるとされています。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、強い不眠と不安症状を軽くすることが重要です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)による不安、不眠などには抗不安薬(いわゆる安定剤)が有効ですが、他の症状には無効といわれています。

一方、抑うつや再体験症状に対しては、抗うつ薬が有効です。

しかし、こうした異なるタイプの薬を併用しても回避症状が治りにくい場合には、心理療法(行動療法)などの併用も考える必要が出てきます。

心理療法(行動療法)に関しては、いくつかの種類の行動療法(脱感作法、曝露療法)の有効性が報告されています。

しかし、いきなり心的外傷のもとになっているトラウマ体験に直面する、という方法では、逆に症状が悪くなる例もあるため、治療者と相談しながら行う必要があります。

また、特に行動療法で症状が悪化しやすいとされているのは、罪や恥の意識、怒りなどの否定的な感情が強い人といわれています。

これら以外に、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対する効果が示されている治療法として、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)という特殊な治療法があります。

これはトラウマ場面を想起した後リズミカルに眼を動かすことを繰り返し行うことで、外傷的な記憶を通常の記憶と同様に再処理していくというものです。

その独特の方法のため、うさんくさい印象も与えかねないのですが、実際に有効性を示している報告も多く現在ではその有効性について認められつつあります。日本でもこの治療を行っている施設は徐々に増えてきています。

ストレスを受けた後に、ストレス体験を互いに話し合うことを「ディブリーフィング」と言いますが、それによってPTSD(心的外傷後ストレス障害)の発症が予防できるのではないか、という研究も進められています。

ただ、その有効性についてはまだ証明されていません。

こうしたPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療については、心理療法(行動療法)や薬物療法などのすべてに言えることですが、治療を受ける側も治療をする側も、相当な根気が必要です。

薬物療法による抗不安剤抗うつ剤はケースによって補助的に使用されることもありますが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の患者さんは、眠れない苦しみから逃れようとして、アルコールや薬物を乱用する傾向が大変強く見られます。

そのため、長期にわたる薬物治療はタブーとされています。

アモキサン

2010-01-25

【商品名】アモキサン
【一般名】アモキサピン

一般名アモキサピン (Amoxapine)。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C17H16ClN3O、CAS登録番号は [14028-44-5] で、白色または淡黄白色の結晶。無味で、無臭または特異臭。水にはほとんど不溶。
日本では武田薬品からアモキサン®などの商品名で販売されている。
脳内神経末端へのノルエピネフリン(ノルアドレナリン)、セロトニンの取り込みを阻害する作用、ドーパミン2受容体阻害作用をもつ。
第2世代の三環系抗うつ薬として知られ、うつ病、パニック障害、過食症などの治療に用いられる。 効果発現には数週間を要するが、抗うつ作用はSSRIやSNRIと比較して強力である。すぐに効果が現れないからといって服用を中止することなく、服用を継続したうえで治療効果について医師と相談していくべきである。また突然の服用中止は重大な副作用を誘発する危険性があるため、薬剤師による服薬指導を遵守すべきである。

○副作用
倦怠感、脱力感、集中力低下、眠気、頭痛、めまい、立ちくらみ、便秘、肝機能障害

○種類
錠剤:10mg,25mg,50mg
細粒:10%

○用法・用量
1日25から75mgを数回に分け経口投与する。症状、年齢により適宜増量し最大で1日300mgまで増量できる。

※ウィキペディアより抜粋

イミドール/トフラニール

2010-01-25

【商品名】イミドール トフラニール
【一般名】イミプラミン塩酸塩または塩酸イミプラミン

一般名イミプラミン塩酸塩 (Imipramine Hydrochloride) 。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C19H24N2•HCl 。無臭で水に溶けやすい。第1世代の三環系抗うつ薬として知られ、うつ病、うつ状態、夜尿症の治療に用いられる。
ノバルティスファーマからトフラニール®、田辺三菱製薬からイミドール®などの商品名で販売されている。
脳内神経末端へのノルエピネフリン(ノルアドレナリン)、セロトニンの再取り込みを阻害する。

○禁忌
緑内障のある患者
本剤の成分又は三環系抗うつ薬に対して過敏症の既往歴を持つ患者
心筋梗塞の回復初期の患者
尿閉(前立腺疾患等)のある患者
MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者
チオリダジンを投与中の患者
QT延長症候群のある患者

○副作用
倦怠感、脱力感、集中力低下、眠気、頭痛、めまい、立ちくらみ、便秘、頻脈

○種類
錠剤:10mg, 25mg

○用法・用量
■うつ病・うつ状態
イミプラミン塩酸塩として、通常成人1日30~70mgを初期用量とし、1日200mgまで漸増し、分割経口投与する。まれに300mgまで増量することもある。なお、年齢、症状により適宜減量する。
■遺尿症
通常幼児は1日量25mgを1回、学童は1日量25~50mgを1~2回経口投与する。ただし、症状及び年齢に応じ適宜増減する。

※ウィキペディアより抜粋

アナフラニール

2010-01-25

【商品名】アナフラニール
【一般名】クロミプラミン塩酸塩または塩酸クロミプラミン

一般名クロミプラミン塩酸塩(クロミプラミンえんさんえん、clomipramine hydrochloride) 。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C19H23ClN2・HCl。 酢酸に極めて溶けやすく、酢酸エチル、ジエチルエーテルに溶けにくい。
脳内のセロトニン及びノルアドレナリンの神経終末への取り込みを阻害する。
三環系抗うつ薬の一種で、アルフレッサファーマからアナフラニールという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態、強迫性障害、夜尿症、不眠症の治療薬に使用される。
獣医学領域ではイヌの分離不安症の治療薬として使用される。

○主な副作用

喉の渇き
眠気
立ちくらみ、めまい、ふらつき
食欲減退

○禁忌

緑内障のある患者
心筋梗塞の回復初期の者
尿閉(前立腺疾患等)のある者
チオリダジンを投与中の患者

○種類

錠剤:10mg, 25mg

※ウィキペディアより抜粋

テシプール

2010-01-25

【商品名】テシプール
【一般名】セチプチリンマレイン酸塩またはマレイン酸セチプチリン

一般名セチプチリンマレイン酸塩(セチプチリンマレインさんえん、Setiptiline hydrochloride)。有機化合物の塩で、四環系抗うつ薬の一種。分子式は C19H19N•C4H4O4。

日本国内では、持田製薬よりテシプールという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態の治療薬に使用される。

○禁忌・注意
モノアミン酸化酵素阻害剤を服用している者には投与できない。
緑内障、排尿困難の者は悪影響を与える場合がある。
心疾患のある者は悪影響を与える場合がある。
眠気や注意力の低下が起こることがあるため、投与中の患者には自動車等の危険を伴う機械の操作に従事させないこと。

○用量・用法
通常、成人に1日3mgを初期用量として、1日6mgまで漸増する。なお年齢や症状に応じて適宜増減する。

○ 種類]
錠剤:1mg(白色・素錠)

※ウィキペディアより抜粋

デジレル/レスリン

2010-01-25

【商品名】デジレル レスリン
【一般名】塩酸トラゾドン

一般名塩酸トラゾドン(えんさんトラゾドン、trazodone hydrochloride)。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C20H23N•HCl 。水、エタノール、クロロホルムにやや溶けやすくジエチルエーテルに溶けにくい。

脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を増やすことにより、うつ病、うつ状態の改善に効果があり、眠気の副作用と抗うつ作用から睡眠導入剤の代替品として用いられることもある。その他、強迫神経症にも効果が高い。三環系、四環系抗うつ薬に属さない、新しいタイプの抗うつ薬で、SSRIの登場まではよく使われた。

日本国内ではファイザーからデジレル®、オルガノンからレスリン®などの商品名で発売されている。

○副作用
主に眠気、ふらつき、喉の渇き、だるさ、セロトニン症候群、軽い不整脈、動悸、便秘など。また陰茎及び陰核の持続性勃起が起こることもあるが、その場合には、直ちに服用を中止し、医師に相談すること。また急に服薬を止めたり、減量した場合に離脱症状が起こる可能性がある。

○用量・用法
通常成人1日 75mg から 100mg を初期用量し、1日最大 200mg まで増量できる。1~数回に分け経口投与する。また、年齢、症状により適宜増減する。

○種類
錠剤:25mg、50mg

○禁忌
心筋梗塞回復初期の者、及び心疾患の者
緑内障、排尿困難の者
躁うつ病の者
統合失調症の要素のある者

※ウィキペディアより抜粋

テトラミド

2010-01-25

【商品名】テトラミド
【一般名】ミアンセリン塩酸塩または塩酸ミアンセリン

一般名ミアンセリン塩酸塩(ミアンセリンえんさんえん、mianserin hydrochloride)。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C18H20N2•HCl 。においは無く、味は苦い。水、メタノールにやや溶けやすくトルエンに溶けにくい。

シナプス前アドレナリン受容体を阻害することにより、神経シナプス間隙へのノルアドレナリンの放出を促進し、受容体への刺激を増進することにより、抗うつ作用を示す。

四環系抗うつ薬の一種で、日本オルガノンよりテトラミドという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態の治療薬に使用される。

○禁忌
MAO阻害剤を投与中の者

○慎重投与
緑内障のある者
心疾患の者
躁うつ病の者

○用量・用法
うつ病・うつ状態の者に通常、成人にはミアンセリン塩酸塩として1日30mgを初期用量として、1日60mgまで増量し、分割経口投与、あるいは夕食後または就寝前1日1回経口投与する。なお年齢や症状に応じて適宜増減する。

○種類
錠剤:10mg,30mg

※ウィキペディアより抜粋

デプロメール/ルボックス

2010-01-25

一般名フルボキサミン。抗うつ薬のひとつで、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)にあたる。

○概要
主に抗うつ薬および強迫性障害ならびに社会恐怖の治療薬として、日本ではフルボキサミンマレイン酸塩錠が「デプロメール®」(明治製菓)「ルボックス®」(アステラス製薬、発売当時は藤沢薬品工業)の商標で販売されている。

日本で最初に発売されたSSRIで、医師の処方が必要である。過去のセンセーショナルな登場から、SSRIを「ハッピードラッグ」として飲む者もいるが、実際にはそのような作用は無いので無意味な行為である。逆にSSRIを危険な薬として過度に警戒し、安易に服用を避けようとすることも同様である。服用にあたっては医師や薬剤師と十分に相談し、適切な服用を心がける必要がある。

○形状
ルボックス25mg25mg錠と50mg錠と75mg錠とがある。デプロメール、ルボックスとも黄色い小さな錠剤である。

○用法用量
通常、成人にはフルボキサミンマレイン酸塩として1日50mgを初期用量として、最大1日150mg程度まで漸増し、1日2回に分割して経口投与するのが一般的である。なお、年齢・症状に応じて適宜増減する。1日150mgを越える量での処方で目覚ましい効果があったという海外の医学誌での報告がある。
なお、フルボキサミンはかなりの苦味があるため、噛み砕いたり舌下で溶かして服用するのは避け、コップ一杯程度の水やぬるま湯と服用する[1]。
フルボキサミンをはじめ、抗うつ薬は服用を開始してから効果が現れるまでにおよそ2~3週間かかる。

※ウィキペディアより抜粋

トリプタノール

2010-01-25

一般名アミトリプチリン塩酸塩(アミトリプチリンえんさんえん、amitriptyline hydrochloride)。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C20H23N・HCl 。水、エタノール、酢酸に溶けやすくジエチルエーテルに溶けにくい。苦く麻痺性がある。

脳内においてノルエピネフリン及びセロトニンの再取り込みを抑制し、シナプス領域のモノアミンが増量することにより、抗うつ作用を示す。

三環系抗うつ薬の一種で、万有製薬よりトリプタノール、山之内製薬からラントロンという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態、夜尿症の治療薬に使用される。

抗コリン作用が強く、口渇・便秘・めまい・眠気・排尿障害などの三環系抗うつ薬にありがちな副作用が強く現れやすい。 ただ、効果も高いとされているので、他の抗うつ薬で思わしい効果が出ない場合に処方されやすい。

獣医学領域ではイヌの分離不安症の治療に使用される。

○禁忌
緑内障のある者
心筋梗塞の回復初期の者
尿閉(前立腺疾患等)のある者
モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン)を服用中の者

○用量・用法
うつ病・うつ状態の場合、通常、アミトリプチリン塩酸塩として成人に1日30~75mgを初期用量として、最大1日150mgまで漸増し、分割経口投与する。まれに300mgまで増量することもある。
夜尿症の場合、アミトリプチリン塩酸塩として1日10~30mgを就寝前に経口投与する。なお年齢や症状により適宜減量する。

○種類
錠剤:10mg, 25mg

※ウィキペディアより抜粋

« Older Entries  
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション