うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

Posts Tagged ‘不安’

強迫性障害を改善または克服

2010-02-02

強迫性障害について

強迫性障害強迫性障害は強迫観念と強迫行為の2つがあってはじめて強迫性障害と診断されます。

因みに強迫観念とは、本人の意志とは無関係に頭に浮かぶ不安感を生む観念のこと。
強迫行為とは、その強迫観念を追い払うために行う行為を指します。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

強迫性障害とは

大丈夫だと思いながらも「もしかしたら・・・」という万が一の危険を恐れる気持ち(強迫観念)が増大することと、その危険を取り除き、不安を打ち消すための動作や行動(強迫行為)に悩む状態のことを強迫状態と言い、この強迫状態を頻繁に繰り返す病気が強迫性障害です。

恐怖を感じる対象は、人によって様々で、近年は特に汚れや細菌を恐れる「不潔恐怖」に悩む人が増加しています。

これは、例えば、何かに触るたびにバイ菌がついたと思いこみ、1日に何度も手を洗わないと気が済まないという例や、自宅以外のトイレには絶対に入らないといった、異常なまでに恐怖の対象を打ち消す行為に熱中するというもので、その行為に時間を取られ、疲弊して生活に支障をきたしてしまいます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

強迫性障害に見られる代表的な治療法

こうした強迫性障害に陥ると、自分でも心の中では「こんなことしてバカみたい」「なぜ、こんなことをしなくちゃいけないんだ?」という風に思っているのです。

しかし、それでも、襲ってくる不安が大きく、どうしてもこのような行動をとってしまうのです。

この強迫性障害は神経症の1つですが、他の神経症と同様に非常にうつ病を伴いやすい病気であることが知られています。

強迫性障害には、カウンセリングといった心理療法は役に立たず、SSRIのような抗うつ剤による薬物療法が効果を発揮します。

代表的な薬として、プロザックという抗うつ剤がありますが、これは脳内の神経伝達物質(セロトニン)を増加させる機能を持ちます。

従来の抗うつ剤はプロザックと同様の機能はありますが、副作用が非常に強く、強迫症状を抑えるのに必要な量を投与することが困難だと言われてきました。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パニック障害を改善または克服

2010-02-02

パニック障害について

パニック障害パニック障害」はいまとなっては独立した病名ですが、もともとは「不安神経症」として一括りにされていた精神疾患でした。

パニック障害は、突如として起こる「パニック発作」とその発作がまた起こるのではないかと恐れる「予期不安」、さらにはその「パニック発作」が起きたときに逃げられない状況を回避しようと、行動範囲を限定する「広場恐怖症」が特徴的な症状として挙げられています。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パニック障害とは

近年、パニック障害は、精神疾患の中でも非常に多く見られるようになっている「精神疾患」のひとつです。

パニック障害に陥った場合、何の前兆もなく、突然動悸が激しくなり、極度の不安や恐怖感に襲われるといった発作症状が起きます。
その他にも、呼吸困難や手足のしびれ、めまい、発汗、吐き気、現実喪失感、気が狂いそうな恐れなどを伴い、「このまま死んでしまうのではないか」という強烈な思いに捕らわれます。

これを一度でも体験したことのある人は、“思い出すのもイヤ”な体験だと言います。

パニックそのもので死ぬことはありませんが、パニック発作を起こす状況によっては危険を伴う場合もあります。
この発作は30分から、長くても1時間以内には収まります。

ただし、一度、発作を起こすと、それを脳が記憶して、街頭や電車の中、エレベーター、映画館、広場などの同じ状況(シチュエーション)に遭遇すると、何度も発作を繰り返し起こすようになります。

特に外出した場所で発作を起こした場合、その恐怖が大きく、発作が起きた同じ場所に再び足を運ぶことを避けるようになり、一歩も外に出なくなる“外出恐怖”の症状を伴う場合が多く見受けられます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パニック障害に対する治療法

パニック障害はアメリカでは「PD(パニック・ディスオーダー)」と呼ばれるポピュラーな「精神疾患」です。

また、パニック障害は全人口の2%が一生の間に少なくとも1回はかかる症状とも言われており、精神科でも非常に多い病気だとされています。

有効な治療法としては「行動療法」・「薬物療法」と言われています。

「行動療法」は、敢えて発作を誘発するような行動を少しずつ繰り返し、発作の不安を解消していく方法で、患者と信頼できる人間とが時間をかけて治療を行います。

「薬物療法」は、脳の神経回路に直接的に作用する抗不安剤抗うつ剤を服用する治療法です。

しかし、「薬物療法」には、眠気、だるさといった副作用が強く、また、依存性も強いため、人によって継続して服用することが困難な場合があります。

特に抗不安剤は副作用と比較して、得られる効果が充分ではないところがありました。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パーソナリティ障害(人格障害)を改善または克服

2010-01-25

パーソナリティ障害(人格障害)について

パーソナリティ障害(人格障害)パーソナリティ障害(人格障害)とは、精神疾患や神経症とまでは言えないにしても、その人が属する社会の一般的な人々に比べて特に変わっている人格的偏りのこと。極端な考え方や行為から社会への適応が難しく、周囲に迷惑がかかるのはもちろん、本人を苦しめることもあります。

パーソナリティ障害(人格障害)は、以下の10タイプに分類されます。

  1. 妄想性人格障害
    物事を歪曲して受け取り、人を信じられない
  2. 統合失調質人格障害
    感情が平板で、他人との親密な関係を求めない
  3. 統合失調型人格障害
    常に自分だけの世界に生きている
  4. 境界性人格障害
    衝動的で今その瞬間だけを生きている
  5. 反社会性人格障害
    犯罪や悪を生きがいとする
  6. 自己愛性人格障害
    誇大的な自己像を持ち、賞賛だけを求める
  7. 演技性人格障害
    自分が注目の的にならなければ我慢できない
  8. 回避性人格障害
    失敗や傷つくことを恐れて社会との交流を避ける
  9. 強迫性人格障害
    完璧主義で、細かいことにこだわりすぎる
  10. 依存性人格障害
    優柔不断で、常に他者の保護を必要とする

なお、「人格障害」という言葉は差別的なニュアンスが強いということから、日本精神神経学会は5月、「パーソナリティ障害」に用語改定をすると発表しています。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パーソナリティ障害(人格障害)の原因

パーソナリティ障害(人格障害)の原因は、遺伝や生まれつきの気質といった生物学的要因と、生育環境や子供の頃の人間関係などの後天的要因の両方が関わっています。しかし、その根底には、自我の形成不全があると考えられています。つまり、成長の過程で自我がうまく育っていかないと、パーソナリティ障害(人格障害)になりやすいのです。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パーソナリティ障害(人格障害)の治療法

パーソナリティ障害(人格障害)は一種の性格であり、明確な病気とは言えないという考えから、その対策を「治療」と呼ぶべきかどうかについては、意見が分かれるところです。しかし、いずれにしても、パーソナリティ障害(人格障害)の改善は、心理的・言語的にコントロールすることで、攻撃性などの偏った言動を回避させる「心理療法」を中心に、精神安定剤などにより不安や焦燥感、イライラを取り除き、衝動的な攻撃性を抑える「薬物療法」を対症療法として補足的に取り入れるなど、多角的に行われます。

ただし、薬物療法は、患者さんの症状やタイプによっては、目的と反対の作用をもたらすことがあったり、強い副作用が出ることもあり、完全とは言えません。

なお、パーソナリティ障害(人格障害)の一部は、加齢による生理的影響や、仕事などの社会的生活を通じて世の中の多様性を学ぶことにより、40歳代くらいまでに、状態が改善していく傾向にあると言われています。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

不登校(ひきこもり)

2010-01-25

不登校(ひきこもり)について

不登校(ひきこもり)ひきこもり(不登校・職場不適応)は、さまざまな理由や要因によって社会に参加することが難しくなり、学校へ通ったり仕事をしたりといった活動が、長期にわたって失われている状態のことを言います。しかし、ひきこもりになった人のすべてが、まったく外へ出られないというわけではなく、ちょっとした買い物などには出かけられるというケースもあり、程度は人によって違います。

また、周囲から見ると、ひきこもりは突然起きるように見えることが少なくありません。例えば、ある朝、急に布団から出てこなくなるといったことが起こって、家族を驚かせます。しかし、実際には、心の葛藤はそれ以前から始まっています。

ひきこもりが始まる前のしばらくの間は、不安と緊張がだんだんと高まる中で、何とか葛藤に耐えて社会生活を行おうと努力しますが、この時点ですでに、精神的なストレス反応として、腹痛・頭痛・吐き気・発熱といった身体症状が現れていることもあります。そして、その努力が限界に達すると、糸が切れたように無気力なってしまうのです。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

不登校(ひきこもり)の原因

ひきこもりになりやすい性格や育成環境というものは、特に認められていません。外交的で自分の意見をはっきり言えるような人が、ひきこもりになってしまうことも珍しくなく、誰でもなる可能性があります。

ひきこもりになるきっかけは、実にさまざまです。いじめ、受験の失敗や仕事の挫折、人間関係がうまく築けなかった経験などから、社会とのかかわりを回避するようになってしまった場合もあれば、学習障害や高機能広汎性発達障害(高機能自閉症/PDD)などの障害を周囲の人たちに理解されず、ストレス過剰になってひきこもってしまう場合もあります。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

不登校(ひきこもり)の治療法

ひきこもりに対する早期の発見・対応は、難しいものです。また、ひきこもりが長期になると、本人はもちろん家族など周囲もストレスが溜まります。しかし、一番つらいのは、ひきこもっている本人です。周囲の声に全く耳を傾けなかったり、自暴自棄な言動が見られたりしたとしても、誰よりも状況を改善したいのは本人なのです。むやみに叱咤激励したり、強制的に病院へ連れて行くといったことは逆効果になりやすいので、解決を急がず、完璧を求めず、少しずつ歩みを進めていくことが大切です。

ひきこもりから離脱するには、次のようなステップを踏んでいくのが一般的です。

  1. 自分を責めない
    今の状況を受け入れるとともに、リラックスできる自分なりの方法を見つけて、消耗した心身を回復させる
  2. 楽しいことを探す
    テレビで好きなスポーツを観戦するなど、どんなことでも良いので、気分が楽しくなるようなことを探してみる
  3. 少しだけ違ったことをしてみる
    部屋の中で体操をする、少し遠いコンビニまで行くなど、今までとは違う「できること」を見つけていく
  4. 生活のリズムを整える
    起床と就寝の時間を決める、規則正しい食事をする、着替えや入浴を行うなど、日常生活を整えていく。無理をせず、できるところからやっていく

ひきこもりをなおす薬というものは、ありません。医師の診断を受け、抑うつ状態にある場合は少量の抗うつ剤を処方したり、不眠の場合に睡眠導入剤を処方するといったように、個別の心身の症状を和らげる方法はありますが、直接治癒へと向かわせるものではありません。したがって、本人が効果を実感できなければ、無理に薬を処方してもらうことはありません。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

 
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション