うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

Posts Tagged ‘イライラ’

高血圧を改善または克服

2010-02-02

高血圧について

高血圧一般的な高血圧の症状としては、不眠、イライラ、頭痛、めまい、耳鳴り、首筋の痛み、肩こりなどがあると言われています。

高血圧が原因となる病気で最も怖いのは脳出血です。
現在、成人男性の4人に1人は高血圧と言われています。

血圧が上昇する原因の1つに塩分、なかでも塩化物イオンの影響があります。
塩分の過剰摂取は血圧上昇につながるということは有名ですが、その原因はナトリウムと塩化物イオンを同時に摂取することにあることが、最近の実験で解明されています。

高血圧の治療には、血圧を下げる薬とともに、食事療法や運動療法が有効で、2次性高血圧の場合は、原因となる病気を治す努力が不可欠です。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

更年期障害を改善または克服

2010-02-02

更年期障害について

更年期障害40~50代の女性を悩ませるものの一つに更年期障害があります。
しかし、今では20~30代の若年層や男性にも更年期障害の症状が出る人が増加しています。

正しい知識と対処法を知っていれば、何も心配する必要はありません。
明るく穏やかに更年期を乗り越え、第二の人生をスタートさせましょう!

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

更年期障害とは

更年期障害は、40代半ばから50代半ばの女性に見られる、閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)の減少を主原因とする精神的・身体的な諸症状のことです。

このエストロゲンの減少によって、多くの女性は「不定愁訴」と呼ばれる症状に悩まされます。

「不定愁訴」とは、さまざまな症状が現れ、症状が定まらない状態のことです。

その症状には、個人差がありますが、多くの場合、
のぼせ・発汗・手足の冷え・寝付きが悪くなる・眠りが浅い・不安感・憂うつ・肩こり・腰痛・関節痛・動悸・息切れ・めまい・耳鳴り・イライラ・頭痛・気力がなくなる・物忘れがひどくなる等の症状が現れます。

<更年期障害に見られる不定愁訴の症状>
精神神経系
頭痛、めまい、耳鳴り、物忘れ、憂うつ感、判断力・集中力低下、不眠、不安感、倦怠感 など

知覚系
しびれ、蟻走感(皮膚に虫がはうような感じ)、かゆみ、知覚過敏、知覚麻痺

運動器官系
肩こり、腰痛、関節痛、背筋痛、筋肉痛

自律神経系
のぼせ、ほてり、冷え、動悸、息切れ、手足の冷え

皮膚・分泌系
皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライマウス、唾液分泌の異常、ドライアイ

消化器系
食欲不振、吐き気、便秘、下痢、腹部膨満感、のどのつかえ

泌尿器・生殖器系
月経異常、頻尿、残尿感、性器下垂感、外陰掻痒症

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

更年期障害の原因

更年期障害の原因は、卵巣機能が衰えることにより、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少することによって起こると言われています。

具体的には、加齢に伴って卵胞の機能が衰え、血中のエストロゲンの量が少なくなります。

すると、視床下部はエストロゲンの量をチェックして「エストロゲンの量が足りない」と判断し、GnRHを分泌します。

これを受けて脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌され、卵胞からエストロゲンを出そうとしますが、すでに高齢で卵胞は弱っているためにエストロゲンを出すことができません。

視床下部は「エストロゲンを出すように命令を出したのにエストロゲンが増えていない」と判断し、もう一度命令を出します(GnRHを分泌します)。

しかし、エストロゲンを出す機能が衰えているため、いくら命令がきてもエストロゲンを出すことはできません。
視床下部は「なぜ命令しているのに増えないのだろう?」と思いながら、命令を出し続けます(GnRHを分泌し続けます)。

その結果、GnRHは増加する一方でエストロゲンは増加しないというホルモンのバランスの乱れが起こります。

この乱れは、自律神経を司る脳の一部との密接な関係があるため、自律神経を乱し、体の各機能に不具合を起こします。
これが更年期障害の原因と考えられています。

更年期障害や不定愁訴は、女性ホルモンによって生み出される生理周期のリズムと関係しています。
ホルモン中枢が身体の好不調の波を作り出す自律神経中枢に隣接しているため、お互いに影響し合います。

その結果、ホルモンの変動に伴い、自律神経失調症が現れます。
これが生理前緊張症として、身体に現れ、妊娠中のつわりや出産後のマタニティーブルー、更年期障害などをもたらします。

つまり、ホルモンの大変動に対して自律神経を調節する視床下部が対応できないのです。

言うまでもなく、思春期や更年期は女性が必ず通過するものです。
日本人の平均寿命が延びている中で、生理が始まる初潮は低年齢化しており、平均12歳くらいになりましたが、生理の終わる閉経は現在も平均48歳くらいで、昔に比べてもそれほど伸びていません。

思春期には、女性ホルモンが分泌され、第2次性徴として月経が始まり、乳房が発育して女性らしくなります。
こうした肉体的発達と精神的成長の足並みが揃わないことが多く、性ホルモンが急激に増え、ホルモン環境がバランスを失い、自律神経失調症になりやすいのです。

さらに、最近では環境ホルモンと呼ばれる環境汚染物質が蔓延しており、女性の身体のバランスが崩れていると言われています。
環境ホルモンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンに非常に似た化学構造をしています。

そのため、この環境ホルモンがあたかも女性ホルモンのように振る舞い、細胞の受容体にくっつき、様々な悪影響をもたらすと考えられています。

最初は風邪と同様の咳・痰・鼻水・扁桃痛などが慢性化したり、鼻血が出やすくなるという症状が現れます。
そして、頭痛・貧血・微熱・アトピー・喘息・肝炎・子宮内膜症・化学物質過敏症をもたらし、さらに悪化すると、 流産・死産・奇形児出産・不妊・脳障害・発育不全・突然死症候群・重症衰弱症候群・新生児死亡・二重胎児・ガン死などに結びつくとも言われています。

下記12項目のうち、思い当たる症状がいくつあるかチェックしてみてください。
5項目以上該当項目がある方は、更年期障害の可能性が高いと言えます。

更年期障害チェックリスト>
□ 1.顔がほてる、のぼせる、汗をかきやすい
□ 2.頭痛、めまい、吐き気がよくおこる
□ 3.手足や腰などが冷えやすい
□ 4.イライラしたり、怒りっぽくなる
□ 5.トイレが近い、尿もれがある
□ 6.寝つきが悪い、眠りが浅い
□ 7.不安になったり、憂うつになることが多い
□ 8.動悸、息切れがする
□ 9.疲れやすい
□ 10.肩こりや腰痛がある、手足に痛みがある
□ 11.性交痛がある
□ 12.膣や尿道がヒリヒリすることがある

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

更年期障害のカギを握る女性ホルモン「エストロゲン」

エストロゲンとは、女性の卵巣で作られる女性ホルモンのことです。
女性の体の丸みや、肌や髪の潤いなどの女性特有の美しさは、このホルモンがあるおかげです。

エストロゲンの最も重要な働きは、乳房や女性性器の成熟を促し、子宮壁を厚くし受精卵が着床できる状態を作り、規則正しく月経を起こすなど、妊娠を助けることにあります。

また、エストロゲンはコレステロールの増加を抑制し、血管を健康に保ち、カルシウムの形成、吸収を調節し、骨の健康も保ちます。
自律神経や脳の働きを良くすることも知られています。

さらに、エストロゲンには、人間の行動や情緒などを安定させる作用がある上、心の安定をはかるセロトニン分泌と大きく関係しています。
そのため、エストロゲンの分泌が低下するとセロトニンの分泌も下がり、心の不安定につながります。

更年期になると卵巣の機能がだんだん低下し、このエストロゲンの分泌が減少していきます。
エストロゲンを正しく補うことで、更年期障害の症状は改善すると言われています。

そのエストロゲンをどのように摂っていくかが大きな問題ですが、更年期障害の治療に用いられているホルモン補充療法はリスクが高く、危険性を伴います。
より自然な形で体へのリスクが少ない治療方法を考えていく必要があります。

もちろん、毎日の食品の中からバランス良く摂取することが体に負担のない方法ですが、より積極的に摂取していくのであれば、サプリメントも有効に働きます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

キレるを改善または克服

2010-02-02

キレる」について

キレるキレる」とは、相手に対して込み上げた怒りの感情が、我慢の限界を超えて一気に現れることを指す俗語です。

「堪忍袋の緒が切れる」ということわざの「切れる」が語源という説と、激しく怒り興奮した場合に、こめかみに浮き立つ青筋の血管が「切れる」ことを表わしたとする説が有力だと言われています。

キレる」ということは、「自分の感情をコントロールできない状態」である言われています。

最近では「キレる子供」だけでなく、「キレる大人」も増えており、さまざまな事件やニュースをよく耳にするようになりました。

確かに、現代はストレス過多で、「キレ」やすい環境と言えるのかもしれませんが、それでも社会に共存して生きている限り、私たちはちょっとしたことで「キレ」てばかりいることもできません。

キレる自分」に負けない=「自分の感情をコントロールする」ためにできることから始めていきましょう。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自分の感情をコントロールできない状態─「キレる」の症状や特徴

自律神経失調症は、呼吸や心臓を司る「自律神経」にストレスが加わることによって、身体の各器官の不調をきたす病気です。

自律神経失調症は病態が非常に複雑に絡み合って起こるため、医学的にも判断が難しいとされています。

この病気は人によって症状が様々ですが、一般的には倦怠感、手足の冷えやほてり、めまい、イライラや不安感、無気力、集中力の低下などがあります。

また、自律神経失調症は身体と心の双方に症状が現れることがあります。

身体に現れる症状としては、肩こり、頭痛、耳鳴り、目の疲れ、手足のしびれ、息苦しい、吐き気、腹痛、便秘、下痢、疲れやすい、微熱、不眠、食欲不振、立ちくらみ、気が遠くなるなど、あらゆる身体の不調が症状として現れます。

心に現れる症状としては、恐怖感、不安感、記憶力の低下、意欲の低下、イライラ、悲哀感などです。

自律神経失調症は複雑であるため、治りにくい病気であると言われており、最近では漢方薬で治療する医師も増えてきました。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

人はなぜ「キレる」のか?─「キレる」原因とは

現在の人々のキレやすさは、大脳の「辺縁系」という部分に問題があり、起こる病気と言えます。

脳の「扁桃」という部分は、私たちが怒ったり、喜んだりする感情の源で、コントロールしているのが「前頭葉」です。

実際、欧米で殺人などの事件を起こした凶悪犯の脳を調べると、前頭葉の血液の流れが普通の人より少ないと言われています。

こうしたことから、人がキレるのは、前頭葉のコントロール能力が弱くなっているからではないかと、専門家の間で言われています。

最近では、「キレる」ことと食生活との密接な関係が注目されています。
犯罪と食との関係について、すでに欧米では30年も前からその因果関係が指摘されてきました。

これまで日本での認識が薄かった理由は、普通に和食中心の日本食を食べていれば、特に問題が起きなかったためだと考えられています。

15年前に米国で行われた調査では、怨恨関係のない殺人を犯した人たちは、ほとんどジャンクフード(スナック菓子などの低栄養食品)とソフトドリンクだけで育ってきたことが分かりました。

ジャンクフードに大量に含まれるリン酸塩は、過剰に取ると、体内のカルシウムの吸収を阻害する働きをします。
カルシウムが不足すると、イライラしたり、神経や筋肉の緊張を押さえられなくなると言われています。

また、清涼飲料水などから大量の砂糖を摂取すると、体のメカニズムが崩れ、糖分をうまく体内に取り込めなくなり、低血糖症に陥ると言われています。

血糖値が低いと、ぼんやりして判断力が鈍り、カルシウム不足でイライラすると、攻撃ホルモンのアドレナリンが分泌され、すぐに暴力をふるってしまうと言われています。

また、最近若い人に欠乏していると言われる亜鉛も、動物実験から、不足すると情緒不安定になったり、狂暴化することが分かってきました。

そして、少年院に収容されている少年たちからの聞き取り調査では、次のような食生活の実態が明らかになっています。

<日米の少年院で収容者が共通して常食していたもの>

  • コーラなどの炭酸飲料水
    → 糖分が多く低血糖症になりやすい
  • スナック菓子
    → リン酸塩など添加物が多く亜鉛不足に
  • ハンバーガーや肉加工品
    → 動物性たんぱく質の摂りすぎでリン過剰
  • インスタント食品
    → カルシウム不足でイライラ、怒りっぽくなる
  • ケーキや菓子パン
    → 糖分過多のうえ、ミネラル不足
  • チョコレートミルク
    → 砂糖摂り過ぎ、ミルクアレルギーも
  • 缶コーヒー
    → カフェイン中毒と砂糖の害も
  • 合成着色料入り食品
    → アレルギーや情緒不安定
  • 合成保存料含有食品
    → 学力低下、みならるの働きを阻害

こうしたキレやすい人々の症状に対しては、長期的に食生活の改善を行っていくこと以外には、これまで薬物療法が行われてきましたが、どのような薬も決め手となるものはありませんでした。

精神の高揚を抑える精神安定剤を使った結果、患者は元気がなくなったり、吐き気や頭痛といった強い副作用に襲われ、服用を嫌がる患者さんも多いようです。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パーソナリティ障害(人格障害)を改善または克服

2010-01-25

パーソナリティ障害(人格障害)について

パーソナリティ障害(人格障害)パーソナリティ障害(人格障害)とは、精神疾患や神経症とまでは言えないにしても、その人が属する社会の一般的な人々に比べて特に変わっている人格的偏りのこと。極端な考え方や行為から社会への適応が難しく、周囲に迷惑がかかるのはもちろん、本人を苦しめることもあります。

パーソナリティ障害(人格障害)は、以下の10タイプに分類されます。

  1. 妄想性人格障害
    物事を歪曲して受け取り、人を信じられない
  2. 統合失調質人格障害
    感情が平板で、他人との親密な関係を求めない
  3. 統合失調型人格障害
    常に自分だけの世界に生きている
  4. 境界性人格障害
    衝動的で今その瞬間だけを生きている
  5. 反社会性人格障害
    犯罪や悪を生きがいとする
  6. 自己愛性人格障害
    誇大的な自己像を持ち、賞賛だけを求める
  7. 演技性人格障害
    自分が注目の的にならなければ我慢できない
  8. 回避性人格障害
    失敗や傷つくことを恐れて社会との交流を避ける
  9. 強迫性人格障害
    完璧主義で、細かいことにこだわりすぎる
  10. 依存性人格障害
    優柔不断で、常に他者の保護を必要とする

なお、「人格障害」という言葉は差別的なニュアンスが強いということから、日本精神神経学会は5月、「パーソナリティ障害」に用語改定をすると発表しています。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パーソナリティ障害(人格障害)の原因

パーソナリティ障害(人格障害)の原因は、遺伝や生まれつきの気質といった生物学的要因と、生育環境や子供の頃の人間関係などの後天的要因の両方が関わっています。しかし、その根底には、自我の形成不全があると考えられています。つまり、成長の過程で自我がうまく育っていかないと、パーソナリティ障害(人格障害)になりやすいのです。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パーソナリティ障害(人格障害)の治療法

パーソナリティ障害(人格障害)は一種の性格であり、明確な病気とは言えないという考えから、その対策を「治療」と呼ぶべきかどうかについては、意見が分かれるところです。しかし、いずれにしても、パーソナリティ障害(人格障害)の改善は、心理的・言語的にコントロールすることで、攻撃性などの偏った言動を回避させる「心理療法」を中心に、精神安定剤などにより不安や焦燥感、イライラを取り除き、衝動的な攻撃性を抑える「薬物療法」を対症療法として補足的に取り入れるなど、多角的に行われます。

ただし、薬物療法は、患者さんの症状やタイプによっては、目的と反対の作用をもたらすことがあったり、強い副作用が出ることもあり、完全とは言えません。

なお、パーソナリティ障害(人格障害)の一部は、加齢による生理的影響や、仕事などの社会的生活を通じて世の中の多様性を学ぶことにより、40歳代くらいまでに、状態が改善していく傾向にあると言われています。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

 
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション