うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

Posts Tagged ‘イミプラミン塩酸塩’

アモキサン

2010-01-25

【商品名】アモキサン
【一般名】アモキサピン

一般名アモキサピン (Amoxapine)。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C17H16ClN3O、CAS登録番号は [14028-44-5] で、白色または淡黄白色の結晶。無味で、無臭または特異臭。水にはほとんど不溶。
日本では武田薬品からアモキサン®などの商品名で販売されている。
脳内神経末端へのノルエピネフリン(ノルアドレナリン)、セロトニンの取り込みを阻害する作用、ドーパミン2受容体阻害作用をもつ。
第2世代の三環系抗うつ薬として知られ、うつ病、パニック障害、過食症などの治療に用いられる。 効果発現には数週間を要するが、抗うつ作用はSSRIやSNRIと比較して強力である。すぐに効果が現れないからといって服用を中止することなく、服用を継続したうえで治療効果について医師と相談していくべきである。また突然の服用中止は重大な副作用を誘発する危険性があるため、薬剤師による服薬指導を遵守すべきである。

○副作用
倦怠感、脱力感、集中力低下、眠気、頭痛、めまい、立ちくらみ、便秘、肝機能障害

○種類
錠剤:10mg,25mg,50mg
細粒:10%

○用法・用量
1日25から75mgを数回に分け経口投与する。症状、年齢により適宜増量し最大で1日300mgまで増量できる。

※ウィキペディアより抜粋

イミドール/トフラニール

2010-01-25

【商品名】イミドール トフラニール
【一般名】イミプラミン塩酸塩または塩酸イミプラミン

一般名イミプラミン塩酸塩 (Imipramine Hydrochloride) 。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C19H24N2•HCl 。無臭で水に溶けやすい。第1世代の三環系抗うつ薬として知られ、うつ病、うつ状態、夜尿症の治療に用いられる。
ノバルティスファーマからトフラニール®、田辺三菱製薬からイミドール®などの商品名で販売されている。
脳内神経末端へのノルエピネフリン(ノルアドレナリン)、セロトニンの再取り込みを阻害する。

○禁忌
緑内障のある患者
本剤の成分又は三環系抗うつ薬に対して過敏症の既往歴を持つ患者
心筋梗塞の回復初期の患者
尿閉(前立腺疾患等)のある患者
MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者
チオリダジンを投与中の患者
QT延長症候群のある患者

○副作用
倦怠感、脱力感、集中力低下、眠気、頭痛、めまい、立ちくらみ、便秘、頻脈

○種類
錠剤:10mg, 25mg

○用法・用量
■うつ病・うつ状態
イミプラミン塩酸塩として、通常成人1日30~70mgを初期用量とし、1日200mgまで漸増し、分割経口投与する。まれに300mgまで増量することもある。なお、年齢、症状により適宜減量する。
■遺尿症
通常幼児は1日量25mgを1回、学童は1日量25~50mgを1~2回経口投与する。ただし、症状及び年齢に応じ適宜増減する。

※ウィキペディアより抜粋

アナフラニール

2010-01-25

【商品名】アナフラニール
【一般名】クロミプラミン塩酸塩または塩酸クロミプラミン

一般名クロミプラミン塩酸塩(クロミプラミンえんさんえん、clomipramine hydrochloride) 。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C19H23ClN2・HCl。 酢酸に極めて溶けやすく、酢酸エチル、ジエチルエーテルに溶けにくい。
脳内のセロトニン及びノルアドレナリンの神経終末への取り込みを阻害する。
三環系抗うつ薬の一種で、アルフレッサファーマからアナフラニールという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態、強迫性障害、夜尿症、不眠症の治療薬に使用される。
獣医学領域ではイヌの分離不安症の治療薬として使用される。

○主な副作用

喉の渇き
眠気
立ちくらみ、めまい、ふらつき
食欲減退

○禁忌

緑内障のある患者
心筋梗塞の回復初期の者
尿閉(前立腺疾患等)のある者
チオリダジンを投与中の患者

○種類

錠剤:10mg, 25mg

※ウィキペディアより抜粋

テシプール

2010-01-25

【商品名】テシプール
【一般名】セチプチリンマレイン酸塩またはマレイン酸セチプチリン

一般名セチプチリンマレイン酸塩(セチプチリンマレインさんえん、Setiptiline hydrochloride)。有機化合物の塩で、四環系抗うつ薬の一種。分子式は C19H19N•C4H4O4。

日本国内では、持田製薬よりテシプールという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態の治療薬に使用される。

○禁忌・注意
モノアミン酸化酵素阻害剤を服用している者には投与できない。
緑内障、排尿困難の者は悪影響を与える場合がある。
心疾患のある者は悪影響を与える場合がある。
眠気や注意力の低下が起こることがあるため、投与中の患者には自動車等の危険を伴う機械の操作に従事させないこと。

○用量・用法
通常、成人に1日3mgを初期用量として、1日6mgまで漸増する。なお年齢や症状に応じて適宜増減する。

○ 種類]
錠剤:1mg(白色・素錠)

※ウィキペディアより抜粋

デジレル/レスリン

2010-01-25

【商品名】デジレル レスリン
【一般名】塩酸トラゾドン

一般名塩酸トラゾドン(えんさんトラゾドン、trazodone hydrochloride)。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C20H23N•HCl 。水、エタノール、クロロホルムにやや溶けやすくジエチルエーテルに溶けにくい。

脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を増やすことにより、うつ病、うつ状態の改善に効果があり、眠気の副作用と抗うつ作用から睡眠導入剤の代替品として用いられることもある。その他、強迫神経症にも効果が高い。三環系、四環系抗うつ薬に属さない、新しいタイプの抗うつ薬で、SSRIの登場まではよく使われた。

日本国内ではファイザーからデジレル®、オルガノンからレスリン®などの商品名で発売されている。

○副作用
主に眠気、ふらつき、喉の渇き、だるさ、セロトニン症候群、軽い不整脈、動悸、便秘など。また陰茎及び陰核の持続性勃起が起こることもあるが、その場合には、直ちに服用を中止し、医師に相談すること。また急に服薬を止めたり、減量した場合に離脱症状が起こる可能性がある。

○用量・用法
通常成人1日 75mg から 100mg を初期用量し、1日最大 200mg まで増量できる。1~数回に分け経口投与する。また、年齢、症状により適宜増減する。

○種類
錠剤:25mg、50mg

○禁忌
心筋梗塞回復初期の者、及び心疾患の者
緑内障、排尿困難の者
躁うつ病の者
統合失調症の要素のある者

※ウィキペディアより抜粋

テトラミド

2010-01-25

【商品名】テトラミド
【一般名】ミアンセリン塩酸塩または塩酸ミアンセリン

一般名ミアンセリン塩酸塩(ミアンセリンえんさんえん、mianserin hydrochloride)。抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。分子式は C18H20N2•HCl 。においは無く、味は苦い。水、メタノールにやや溶けやすくトルエンに溶けにくい。

シナプス前アドレナリン受容体を阻害することにより、神経シナプス間隙へのノルアドレナリンの放出を促進し、受容体への刺激を増進することにより、抗うつ作用を示す。

四環系抗うつ薬の一種で、日本オルガノンよりテトラミドという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態の治療薬に使用される。

○禁忌
MAO阻害剤を投与中の者

○慎重投与
緑内障のある者
心疾患の者
躁うつ病の者

○用量・用法
うつ病・うつ状態の者に通常、成人にはミアンセリン塩酸塩として1日30mgを初期用量として、1日60mgまで増量し、分割経口投与、あるいは夕食後または就寝前1日1回経口投与する。なお年齢や症状に応じて適宜増減する。

○種類
錠剤:10mg,30mg

※ウィキペディアより抜粋

 
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション