うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

Archive for the ‘PTSD(心的外傷後ストレス障害)’ Category

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を改善または克服

2010-02-02

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について

PTSD(心的外傷後ストレス障害)阪神・淡路大震災後やオウム真理教の地下鉄サリン事件後に、被災者や被害者の間に多数見られたことで、マスコミに取り上げられ、一般にも広く知られることになったPTSD(心的外傷後ストレス障害)

死を身近に感じるほどの危険や恐怖、無力感に直面したことで、その出来事の記憶を反復して再体験(想起)し、日常生活に支障をきたしてしまうストレス障害です。

近年では、事件・事故が起こるたびに、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の発症が憂慮され、メンタルケアの重要性が指摘されています。

治療に関しては、個々の症状に対応するケアだけでなく、被害にあった方々の全存在にかかわる問題に直面しているという理解に基づいたケアが必要です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、Post-traumatic Stress Disorderの略称で、災害や事故、暴行、強迫、殺傷といった強烈な心的外傷つまり心の傷を起こすようなトラウマ体験(外傷的体験)によって、耐え難い心理的ショック(ストレス)を生じる神経症の1つです。

ここで言うトラウマ体験(外傷的体験)とは、人の対処能力を超えた圧倒的な体験で、その人の心に強い衝撃を与え、その心の働きに永続的、不可逆的な変化を起こすような体験を意味します。

こうした圧倒的な衝撃は、普通の記憶とは違い、単に心理的影響を残すだけでなく、脳に「外傷記憶」を形成し、脳の生理学的な変化を引き起こすことが近年の研究で明らかになっています。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)患者の神経生理学的な兆候は、神経画像的研究、神経化学的研究、神経生理学的研究、電気生理学的研究などで証明されつつあります。

外傷記憶は時がたっても薄れることがなく、その人が意識するしないにかかわらず、一生その人の心と行動を直接間接的に支配します。

外傷記憶を形成するような体験とは、戦争、家庭内の暴力、性的虐待、産業事故、自然災害、犯罪、交通事故など、その人自身や身近な人の生命と身体に脅威となるような出来事です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に見られる症状の特徴

PTSD(心的外傷後ストレス障害)では、その種の出来事に対して、恐怖、無力感、戦慄などの強い感情的反応を伴い、長い年月を経た後にも、このようなストレスに対応するような特徴的な症状が見られます。

例えば、患者はその外傷的体験を反復的、侵入的に再体験(フラッシュバック)したり、外傷的体験が再演される悪夢を見たり、実際にその出来事を今現在体験しているかのように行動したりします。

あるいは、そのような出来事を思い出させるような活動、状況、人物を避けたり、その結果として孤立化したり、感情麻痺や集中困難、不眠に悩まされたり、いつも過剰な警戒状態を続けたりします。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、大きな心理的ストレスを体験してから数日、もしくは数週間経過した後に急性発症する場合がほとんどですが、数ヶ月後に発症するケースもあります。

一般的には、数週間経過した後、体験した出来事の情景が当時の感情と身体感覚を伴って、リアルにありありと再現(フラッシュバック)され、これが何度も繰り返されます。

その度に、何度も当時体験した非常な精神的苦痛を再体験することになるので、情動的に不安定となり、落ち着きがなくなり、イライラしやすく、同時にビクビクしており、時には突発的な暴力行為を起こすこともあります。

そのため、当然、仕事や勉強などは手につかず、記憶障害を伴ったり、過度の警戒や怯えが現れたり、れないということが起こります。

この症状が急性的に発症した場合は、ほぼ半年以内に自然消滅します。
しかし、これが慢性化すると、数ヶ月から数年継続し、たびたび重大な能力障害を引き起こすこともあります。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の主要症状は以下の再体験(想起)・回避・過覚醒の3つです。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の主要3症状>

1)再体験
原因となった外傷的な体験が、意図しないのに繰り返し思い出されたり、夢に登場したりする

2)回避
体験を思い出すような状況や場面を、意識的あるいは無意識的に避け続けるという症状、およびや感覚などの反応性の麻痺という症状を指す

3)過覚醒
交感神経系の亢進状態が続いていることで、不眠やイライラなどが症状として見られる

アメリカ精神医学会の診断マニュアル第4版(DSM-IV)では、再体験(B項目)が5項目中1つ以上、回避(C項目)が7項目中3つ以上、過覚醒(D項目)が5項目中2つ以上、揃っていることが診断のために必要です。

さらに、それらの症状が1ヶ月以上持続(E項目)、自覚的な苦悩か社会機能の低下が明らかな場合(F項目)に、医学的にPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されます。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療には、一般に心理療法(行動療法)と薬物療法が有効であるとされています。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、強い不眠と不安症状を軽くすることが重要です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)による不安、不眠などには抗不安薬(いわゆる安定剤)が有効ですが、他の症状には無効といわれています。

一方、抑うつや再体験症状に対しては、抗うつ薬が有効です。

しかし、こうした異なるタイプの薬を併用しても回避症状が治りにくい場合には、心理療法(行動療法)などの併用も考える必要が出てきます。

心理療法(行動療法)に関しては、いくつかの種類の行動療法(脱感作法、曝露療法)の有効性が報告されています。

しかし、いきなり心的外傷のもとになっているトラウマ体験に直面する、という方法では、逆に症状が悪くなる例もあるため、治療者と相談しながら行う必要があります。

また、特に行動療法で症状が悪化しやすいとされているのは、罪や恥の意識、怒りなどの否定的な感情が強い人といわれています。

これら以外に、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対する効果が示されている治療法として、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)という特殊な治療法があります。

これはトラウマ場面を想起した後リズミカルに眼を動かすことを繰り返し行うことで、外傷的な記憶を通常の記憶と同様に再処理していくというものです。

その独特の方法のため、うさんくさい印象も与えかねないのですが、実際に有効性を示している報告も多く現在ではその有効性について認められつつあります。日本でもこの治療を行っている施設は徐々に増えてきています。

ストレスを受けた後に、ストレス体験を互いに話し合うことを「ディブリーフィング」と言いますが、それによってPTSD(心的外傷後ストレス障害)の発症が予防できるのではないか、という研究も進められています。

ただ、その有効性についてはまだ証明されていません。

こうしたPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療については、心理療法(行動療法)や薬物療法などのすべてに言えることですが、治療を受ける側も治療をする側も、相当な根気が必要です。

薬物療法による抗不安剤抗うつ剤はケースによって補助的に使用されることもありますが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の患者さんは、眠れない苦しみから逃れようとして、アルコールや薬物を乱用する傾向が大変強く見られます。

そのため、長期にわたる薬物治療はタブーとされています。

 
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション