うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

Archive for the ‘症状編’ Category

高血圧を改善または克服

2010-02-02

高血圧について

高血圧一般的な高血圧の症状としては、不眠、イライラ、頭痛、めまい、耳鳴り、首筋の痛み、肩こりなどがあると言われています。

高血圧が原因となる病気で最も怖いのは脳出血です。
現在、成人男性の4人に1人は高血圧と言われています。

血圧が上昇する原因の1つに塩分、なかでも塩化物イオンの影響があります。
塩分の過剰摂取は血圧上昇につながるということは有名ですが、その原因はナトリウムと塩化物イオンを同時に摂取することにあることが、最近の実験で解明されています。

高血圧の治療には、血圧を下げる薬とともに、食事療法や運動療法が有効で、2次性高血圧の場合は、原因となる病気を治す努力が不可欠です。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

口臭/便秘を改善または克服

2010-02-02

口臭便秘について

口臭/便秘口臭は、虫歯などの口内トラブルも大きな原因となりますが、それ以外の原因としては、腸の状態が影響していると考えられます。

食べ物が腸で腐敗して発生する様々な有害物質が腸から吸収されると、肝臓の解毒機能を低下させ、さらに血液とともに全身にまわるようになります。
こうしたことは結果として口臭の症状にもつながります。

また、便秘は腸が不活発になることで起きる症状ですが、腸内が活性化されることで身体の中からキレイにすることができるので、便秘口臭を改善することができます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

アトピー・にきび・吹き出物を改善または克服

2010-02-02

アトピー・にきび・吹き出物について

アトピー/にきび/吹き出物アトピー性皮膚炎は自己免疫反応の過剰によって引き起こされる一種のアレルギー性疾患です。

また、にきび吹き出物といった肌荒れや皮膚の老化は、皮膚表面に住み着いた菌や紫外線が影響していますが、それ以上に腸の状態が影響することが分かっています。

食べ物が腸で腐敗すると、様々な有害物質が発生し、それが腸から吸収されると、肝臓の解毒機能を低下させ、さらに血液とともに全身にまわるようになります。その結果、にきび吹き出物といった肌荒れや肌の老化につながります。

便秘になると吹き出物が出やすくなるのは、それが原因です。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

ガスがたまる(過敏性腸症候群:IBS)を改善または克服

2010-02-02

ガスがたまる」について

ガスがたまる(過敏性腸症候群:IBS)ガスがたまってお腹が苦しい」

「便通の調子が良くない」

「下痢が止まらない」・・・。

ガスがたまる」をはじめ、腹痛や便通異常などの消化器症状が続くので、身体的な検査をしてみても異常ナシと言われてしまう─。

最近、老若男女を問わず、そんな「ガスがたまる」などの“原因不明のお腹の不調”を訴える人が急増しています。

お腹にガスがたまって、似たような症状に困っているという方は、もしかすると「過敏性腸症候群(IBS: Irritable Bowel Syndrome)」かもしれません。

IBS(過敏性腸症候群)」の大半の原因は、ストレスと言われています。
ガスがたまる IBS(過敏性腸症候群)」症状がより深刻になる前にストレスを解消・軽減できる環境づくりを心がけましょう!

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

IBS(過敏性腸症候群)とは

一般的に「ガスがたまる」症状は、IBS(過敏性腸症候群)の中でも「ガス型」といわれるタイプに分類されます。

IBS(過敏性腸症候群)とは、「腸機能の異常によって起こる便通異常やそれに伴う腹痛等の症状のこと」です。
胃腸の検査をしても原因となる病気が見つからないのに、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどを繰り返し起こします。

以前は大腸機能の異常によって引き起こされる病気とされ、IBS(過敏性腸症候群)と呼ばれていましたが、最近では大腸だけでなく小腸にも関係することなどからIBS(過敏性腸症候群)と呼ばれています。

IBS(過敏性腸症候群)は、症状に応じて便秘型・下痢型・交代型・ガス型の4つのタイプに分けられています。

便秘型の場合は、何日も排便ができず、お腹が苦しく、出てもコロコロしたウサギの糞のような便しか出ません。

下痢型の場合は下痢が止まらず、1日中何度も何度も頻繁にトイレにかけこまなければなりません。

交代型は何日も便が出なくなったかと思うと、今度は下痢に悩まされます。

ガス型はガスが腸内にたまり、お腹がひどく苦しく、頻繁にガス(おなら)が出ます。

そして、どの症状にも大抵腹痛を伴います。

<IBS(過敏性腸症候群)の4タイプ>

  • 便秘型
    何日も便秘が続き、コロコロした小さな便しか出ない症状
  • 下痢型
    少しでもストレスや不安を感じると、下痢を引き起こす症状
  • 交代型
    腰痛、腹部の違和感があり、下痢と便秘が交互に現れる症状
  • ガス型
    過剰なストレスでお腹にガスがたまる症状

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

IBS(過敏性腸症候群)によく見られるケース

IBS(過敏性腸症候群)の年齢層は幅広く、思春期から40代を中心に50代までに多く、60歳以上の高齢者には少ない病気です。

ただ、最近では小・中学生にも増えつつあり、特に進学校の生徒に多いと言われています。

一般的には、日本人の約10%がこうしたIBS(過敏性腸症候群)の症状を持っており、女性患者は男性患者の3倍ほど多いと言われています。

また、男性は下痢型、女性は便秘型の傾向があるようですが、これは必ずというわけではなく、逆のケースもあるようです。

IBS(過敏性腸症候群)の症状の多くは、ガス(おなら)がよく出る、下痢、便秘あるいは下痢や便秘の交互の繰り返し、腹痛の伴った下痢や便秘など、すぐトイレに行きたくなり、それが1日の間に何度も起こるため、通勤・通学の途中で何回もトイレに駆け込まなければならない状況が起こります。

特に下痢型とガス型では、症状の出現を恐れて登校や出社、外出が制限されるという事態が生じます。

トイレのない所へ行くことを極度に恐れ、トイレのない列車に乗れないという事態が生じます。

デパートへ行ってもトイレの場所を確認してからでないと買い物ができないなど、日常生活の行動が制限されてしまうのです。

また、「ガスが出て困る」という悩みを抱えている人の中には、「ガスが出て、その臭いのために周囲の人から嫌われる、または自分が周囲に迷惑をかけてしまっている」という思いから、さらに深刻に悩み、その結果、通常の日常生活ができないほどの精神的負担を抱えて、メンタル面に支障をきたしてしまうケースも多くあります。

排泄器官にかかわる症状であるために恥ずかしい思いをしたり、無知な心無い人々のために肩身のせまい思いをさせられたりしているのが現状です。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

IBS(過敏性腸症候群)の原因

このIBS(過敏性腸症候群)を引き起こす原因としては、さまざまなものが考えられますが、その中でも、どのタイプにも共通し、もっとも大きな影響を占めている要因があります。

それは「心理的ストレス」です。

実際、IBS(過敏性腸症候群)の患者さんの85%以上が何らかのストレスの影響を受けていると言われています。

最近の研究では、脳と腸には密接なつながりがあることが明らかになりつつあります。

腸と脳は、「脳腸相関」といって、密接な関係があります。
というのも、腸には脳と同じ神経が多く分布し、それらは自律神経でつながっているからです。

脳が感じた不安やプレッシャーなどのストレスは、自律神経を介して腸に伝わり、運動異常を引き起こします。
また、ガス過多や下痢・便秘などの腸の不調も、自律神経を介して脳にストレスを与えます。

つまり、脳腸相関によって、ストレスの悪循環が形成されるのです。

IBS(過敏性腸症候群)の場合は、特に腸が敏感になっていますから、ちょっとしたストレスにも反応します。
また、少しの腹痛でも脳は敏感にキャッチし、不安も症状も増幅していきます。

<IBS(過敏性腸症候群)チェック表>
□ 腰痛を伴う下痢(便は泥状、粘液が出ることがある)
□ 便秘、あるいはベンチと下痢を交互に繰り返す
□ 時々、うさぎの糞のような便が出る
□ 排便後は腹痛が収まることが多い
□ 排便後、残便感はあるが、便は出ない
□ ガスがたまりやすい
□ 午前中の腹痛が多く、午後からは回復する
□ 体重の変化はなく、食欲も普通にある
□ すぐトイレに行けない状況で症状が出る
□ 睡眠時や休日には症状が出ない
□ 症状が1カ月以上持続している

上記のような症状が現れた場合には、IBS(過敏性腸症候群)に対する注意が必要です。
ご自分やお子さんなどにこうしたIBS(過敏性腸症候群)かもと思えるような兆候がしでも感じられたとしたら放置しないことが鉄則です。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

IBS(過敏性腸症候群)に対する治療法

IBS(過敏性腸症候群)の治療法は、症状が多岐に渡っているため、それぞれの症状に合わせた治療法が必要となります。

IBS(過敏性腸症候群)のガス型・便秘型の症状には、運動習慣をつけることによって、ガスだまりや便秘症状の改善が期待できます。

運動中は交感神経優位の状態となり、運動後は疲労の回復と栄養の吸収のために副交感神経優位となります。
その結果、消化運動に関係する自律神経系に刺激を与えることができるのです。

また、IBS(過敏性腸症候群)のガス型には食事療法も効果的です。
1回の食事に摂取する量を減らしたり、食物繊維を食事に多く取り入れることで病状が改善する場合があります。

ただ、食物繊維に関しては、摂取することでかえって症状を悪化させてしまう場合もあるので、体に合わない場合は控えた方がよいでしょう。

IBS(過敏性腸症候群)の症状を悪化させるものとしては、カフェイン・乳製品・アルコール・タバコなども挙げられます。

IBS(過敏性腸症候群)の下痢型には、下痢止め薬・ペパーミントオイルなどのアロマオイルが効果的とされています。

また、ガス型などのIBS(過敏性腸症候群)の治療には抗不安薬や抗うつ薬を処方することもありますが、これらの場合は心療内科などで心理カウンセリングを受ける必要があります。

IBS(過敏性腸症候群)の症状の治療法の効果が現れるまでには長い期間が必要となります。
そのため、当然スグ治るというものではありません。

IBS(過敏性腸症候群)の治療に当たっては、症状を担当医に十分に伝え、ガス型・下痢型などIBS(過敏性腸症候群)の症状に合った治療をしてもらいましょう。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

ガスがたまる」「ガスの臭い」症状を軽減する方法

腸内には数百種類、約100兆個という膨大な数の腸内菌が存在しています。
これらの腸内菌の集団は、植物が群れているように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

この「腸内フローラ」には、ビフィズス菌などの乳酸菌に代表される「善玉菌」、ウェルシュ菌のような「悪玉菌」、そして健康なときには善玉菌に味方し、不健康なときには悪玉菌につくといった中間型の日和見菌がバランスを保って住み分けています。

「善玉菌」が優位だと腸の健康が保たれているため、ガスが出ても強い腐敗臭はしにくくなります。

逆に「悪玉菌」が優勢だと腸内を寝床にして、体調を悪化させる有毒なガスを発生させます。
これがガスの臭いが強くなったり、ガスの発生量が増える原因となります。

つまり、ガスの臭いと量を軽減するには、腸内の善玉菌を増やして優位にし、悪玉菌が繁殖しにくい腸内環境を作ってあげればよいのです。

善玉菌を優位にする方法として一般的によく言われているのが「ヨーグルト」です。
ヨーグルトは確かに「善玉菌」を増殖しやすい働きがありますが、食べた人の腸内環境によっては効果が出ないこともあります。
それは、乳酸菌が腸にまで届く間に、胃酸などで消し去られることが多いためです。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

更年期障害を改善または克服

2010-02-02

更年期障害について

更年期障害40~50代の女性を悩ませるものの一つに更年期障害があります。
しかし、今では20~30代の若年層や男性にも更年期障害の症状が出る人が増加しています。

正しい知識と対処法を知っていれば、何も心配する必要はありません。
明るく穏やかに更年期を乗り越え、第二の人生をスタートさせましょう!

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

更年期障害とは

更年期障害は、40代半ばから50代半ばの女性に見られる、閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)の減少を主原因とする精神的・身体的な諸症状のことです。

このエストロゲンの減少によって、多くの女性は「不定愁訴」と呼ばれる症状に悩まされます。

「不定愁訴」とは、さまざまな症状が現れ、症状が定まらない状態のことです。

その症状には、個人差がありますが、多くの場合、
のぼせ・発汗・手足の冷え・寝付きが悪くなる・眠りが浅い・不安感・憂うつ・肩こり・腰痛・関節痛・動悸・息切れ・めまい・耳鳴り・イライラ・頭痛・気力がなくなる・物忘れがひどくなる等の症状が現れます。

<更年期障害に見られる不定愁訴の症状>
精神神経系
頭痛、めまい、耳鳴り、物忘れ、憂うつ感、判断力・集中力低下、不眠、不安感、倦怠感 など

知覚系
しびれ、蟻走感(皮膚に虫がはうような感じ)、かゆみ、知覚過敏、知覚麻痺

運動器官系
肩こり、腰痛、関節痛、背筋痛、筋肉痛

自律神経系
のぼせ、ほてり、冷え、動悸、息切れ、手足の冷え

皮膚・分泌系
皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライマウス、唾液分泌の異常、ドライアイ

消化器系
食欲不振、吐き気、便秘、下痢、腹部膨満感、のどのつかえ

泌尿器・生殖器系
月経異常、頻尿、残尿感、性器下垂感、外陰掻痒症

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

更年期障害の原因

更年期障害の原因は、卵巣機能が衰えることにより、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少することによって起こると言われています。

具体的には、加齢に伴って卵胞の機能が衰え、血中のエストロゲンの量が少なくなります。

すると、視床下部はエストロゲンの量をチェックして「エストロゲンの量が足りない」と判断し、GnRHを分泌します。

これを受けて脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌され、卵胞からエストロゲンを出そうとしますが、すでに高齢で卵胞は弱っているためにエストロゲンを出すことができません。

視床下部は「エストロゲンを出すように命令を出したのにエストロゲンが増えていない」と判断し、もう一度命令を出します(GnRHを分泌します)。

しかし、エストロゲンを出す機能が衰えているため、いくら命令がきてもエストロゲンを出すことはできません。
視床下部は「なぜ命令しているのに増えないのだろう?」と思いながら、命令を出し続けます(GnRHを分泌し続けます)。

その結果、GnRHは増加する一方でエストロゲンは増加しないというホルモンのバランスの乱れが起こります。

この乱れは、自律神経を司る脳の一部との密接な関係があるため、自律神経を乱し、体の各機能に不具合を起こします。
これが更年期障害の原因と考えられています。

更年期障害や不定愁訴は、女性ホルモンによって生み出される生理周期のリズムと関係しています。
ホルモン中枢が身体の好不調の波を作り出す自律神経中枢に隣接しているため、お互いに影響し合います。

その結果、ホルモンの変動に伴い、自律神経失調症が現れます。
これが生理前緊張症として、身体に現れ、妊娠中のつわりや出産後のマタニティーブルー、更年期障害などをもたらします。

つまり、ホルモンの大変動に対して自律神経を調節する視床下部が対応できないのです。

言うまでもなく、思春期や更年期は女性が必ず通過するものです。
日本人の平均寿命が延びている中で、生理が始まる初潮は低年齢化しており、平均12歳くらいになりましたが、生理の終わる閉経は現在も平均48歳くらいで、昔に比べてもそれほど伸びていません。

思春期には、女性ホルモンが分泌され、第2次性徴として月経が始まり、乳房が発育して女性らしくなります。
こうした肉体的発達と精神的成長の足並みが揃わないことが多く、性ホルモンが急激に増え、ホルモン環境がバランスを失い、自律神経失調症になりやすいのです。

さらに、最近では環境ホルモンと呼ばれる環境汚染物質が蔓延しており、女性の身体のバランスが崩れていると言われています。
環境ホルモンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンに非常に似た化学構造をしています。

そのため、この環境ホルモンがあたかも女性ホルモンのように振る舞い、細胞の受容体にくっつき、様々な悪影響をもたらすと考えられています。

最初は風邪と同様の咳・痰・鼻水・扁桃痛などが慢性化したり、鼻血が出やすくなるという症状が現れます。
そして、頭痛・貧血・微熱・アトピー・喘息・肝炎・子宮内膜症・化学物質過敏症をもたらし、さらに悪化すると、 流産・死産・奇形児出産・不妊・脳障害・発育不全・突然死症候群・重症衰弱症候群・新生児死亡・二重胎児・ガン死などに結びつくとも言われています。

下記12項目のうち、思い当たる症状がいくつあるかチェックしてみてください。
5項目以上該当項目がある方は、更年期障害の可能性が高いと言えます。

更年期障害チェックリスト>
□ 1.顔がほてる、のぼせる、汗をかきやすい
□ 2.頭痛、めまい、吐き気がよくおこる
□ 3.手足や腰などが冷えやすい
□ 4.イライラしたり、怒りっぽくなる
□ 5.トイレが近い、尿もれがある
□ 6.寝つきが悪い、眠りが浅い
□ 7.不安になったり、憂うつになることが多い
□ 8.動悸、息切れがする
□ 9.疲れやすい
□ 10.肩こりや腰痛がある、手足に痛みがある
□ 11.性交痛がある
□ 12.膣や尿道がヒリヒリすることがある

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

更年期障害のカギを握る女性ホルモン「エストロゲン」

エストロゲンとは、女性の卵巣で作られる女性ホルモンのことです。
女性の体の丸みや、肌や髪の潤いなどの女性特有の美しさは、このホルモンがあるおかげです。

エストロゲンの最も重要な働きは、乳房や女性性器の成熟を促し、子宮壁を厚くし受精卵が着床できる状態を作り、規則正しく月経を起こすなど、妊娠を助けることにあります。

また、エストロゲンはコレステロールの増加を抑制し、血管を健康に保ち、カルシウムの形成、吸収を調節し、骨の健康も保ちます。
自律神経や脳の働きを良くすることも知られています。

さらに、エストロゲンには、人間の行動や情緒などを安定させる作用がある上、心の安定をはかるセロトニン分泌と大きく関係しています。
そのため、エストロゲンの分泌が低下するとセロトニンの分泌も下がり、心の不安定につながります。

更年期になると卵巣の機能がだんだん低下し、このエストロゲンの分泌が減少していきます。
エストロゲンを正しく補うことで、更年期障害の症状は改善すると言われています。

そのエストロゲンをどのように摂っていくかが大きな問題ですが、更年期障害の治療に用いられているホルモン補充療法はリスクが高く、危険性を伴います。
より自然な形で体へのリスクが少ない治療方法を考えていく必要があります。

もちろん、毎日の食品の中からバランス良く摂取することが体に負担のない方法ですが、より積極的に摂取していくのであれば、サプリメントも有効に働きます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

強迫性障害を改善または克服

2010-02-02

強迫性障害について

強迫性障害強迫性障害は強迫観念と強迫行為の2つがあってはじめて強迫性障害と診断されます。

因みに強迫観念とは、本人の意志とは無関係に頭に浮かぶ不安感を生む観念のこと。
強迫行為とは、その強迫観念を追い払うために行う行為を指します。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

強迫性障害とは

大丈夫だと思いながらも「もしかしたら・・・」という万が一の危険を恐れる気持ち(強迫観念)が増大することと、その危険を取り除き、不安を打ち消すための動作や行動(強迫行為)に悩む状態のことを強迫状態と言い、この強迫状態を頻繁に繰り返す病気が強迫性障害です。

恐怖を感じる対象は、人によって様々で、近年は特に汚れや細菌を恐れる「不潔恐怖」に悩む人が増加しています。

これは、例えば、何かに触るたびにバイ菌がついたと思いこみ、1日に何度も手を洗わないと気が済まないという例や、自宅以外のトイレには絶対に入らないといった、異常なまでに恐怖の対象を打ち消す行為に熱中するというもので、その行為に時間を取られ、疲弊して生活に支障をきたしてしまいます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

強迫性障害に見られる代表的な治療法

こうした強迫性障害に陥ると、自分でも心の中では「こんなことしてバカみたい」「なぜ、こんなことをしなくちゃいけないんだ?」という風に思っているのです。

しかし、それでも、襲ってくる不安が大きく、どうしてもこのような行動をとってしまうのです。

この強迫性障害は神経症の1つですが、他の神経症と同様に非常にうつ病を伴いやすい病気であることが知られています。

強迫性障害には、カウンセリングといった心理療法は役に立たず、SSRIのような抗うつ剤による薬物療法が効果を発揮します。

代表的な薬として、プロザックという抗うつ剤がありますが、これは脳内の神経伝達物質(セロトニン)を増加させる機能を持ちます。

従来の抗うつ剤はプロザックと同様の機能はありますが、副作用が非常に強く、強迫症状を抑えるのに必要な量を投与することが困難だと言われてきました。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パニック障害を改善または克服

2010-02-02

パニック障害について

パニック障害パニック障害」はいまとなっては独立した病名ですが、もともとは「不安神経症」として一括りにされていた精神疾患でした。

パニック障害は、突如として起こる「パニック発作」とその発作がまた起こるのではないかと恐れる「予期不安」、さらにはその「パニック発作」が起きたときに逃げられない状況を回避しようと、行動範囲を限定する「広場恐怖症」が特徴的な症状として挙げられています。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パニック障害とは

近年、パニック障害は、精神疾患の中でも非常に多く見られるようになっている「精神疾患」のひとつです。

パニック障害に陥った場合、何の前兆もなく、突然動悸が激しくなり、極度の不安や恐怖感に襲われるといった発作症状が起きます。
その他にも、呼吸困難や手足のしびれ、めまい、発汗、吐き気、現実喪失感、気が狂いそうな恐れなどを伴い、「このまま死んでしまうのではないか」という強烈な思いに捕らわれます。

これを一度でも体験したことのある人は、“思い出すのもイヤ”な体験だと言います。

パニックそのもので死ぬことはありませんが、パニック発作を起こす状況によっては危険を伴う場合もあります。
この発作は30分から、長くても1時間以内には収まります。

ただし、一度、発作を起こすと、それを脳が記憶して、街頭や電車の中、エレベーター、映画館、広場などの同じ状況(シチュエーション)に遭遇すると、何度も発作を繰り返し起こすようになります。

特に外出した場所で発作を起こした場合、その恐怖が大きく、発作が起きた同じ場所に再び足を運ぶことを避けるようになり、一歩も外に出なくなる“外出恐怖”の症状を伴う場合が多く見受けられます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

パニック障害に対する治療法

パニック障害はアメリカでは「PD(パニック・ディスオーダー)」と呼ばれるポピュラーな「精神疾患」です。

また、パニック障害は全人口の2%が一生の間に少なくとも1回はかかる症状とも言われており、精神科でも非常に多い病気だとされています。

有効な治療法としては「行動療法」・「薬物療法」と言われています。

「行動療法」は、敢えて発作を誘発するような行動を少しずつ繰り返し、発作の不安を解消していく方法で、患者と信頼できる人間とが時間をかけて治療を行います。

「薬物療法」は、脳の神経回路に直接的に作用する抗不安剤抗うつ剤を服用する治療法です。

しかし、「薬物療法」には、眠気、だるさといった副作用が強く、また、依存性も強いため、人によって継続して服用することが困難な場合があります。

特に抗不安剤は副作用と比較して、得られる効果が充分ではないところがありました。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を改善または克服

2010-02-02

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について

PTSD(心的外傷後ストレス障害)阪神・淡路大震災後やオウム真理教の地下鉄サリン事件後に、被災者や被害者の間に多数見られたことで、マスコミに取り上げられ、一般にも広く知られることになったPTSD(心的外傷後ストレス障害)

死を身近に感じるほどの危険や恐怖、無力感に直面したことで、その出来事の記憶を反復して再体験(想起)し、日常生活に支障をきたしてしまうストレス障害です。

近年では、事件・事故が起こるたびに、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の発症が憂慮され、メンタルケアの重要性が指摘されています。

治療に関しては、個々の症状に対応するケアだけでなく、被害にあった方々の全存在にかかわる問題に直面しているという理解に基づいたケアが必要です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、Post-traumatic Stress Disorderの略称で、災害や事故、暴行、強迫、殺傷といった強烈な心的外傷つまり心の傷を起こすようなトラウマ体験(外傷的体験)によって、耐え難い心理的ショック(ストレス)を生じる神経症の1つです。

ここで言うトラウマ体験(外傷的体験)とは、人の対処能力を超えた圧倒的な体験で、その人の心に強い衝撃を与え、その心の働きに永続的、不可逆的な変化を起こすような体験を意味します。

こうした圧倒的な衝撃は、普通の記憶とは違い、単に心理的影響を残すだけでなく、脳に「外傷記憶」を形成し、脳の生理学的な変化を引き起こすことが近年の研究で明らかになっています。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)患者の神経生理学的な兆候は、神経画像的研究、神経化学的研究、神経生理学的研究、電気生理学的研究などで証明されつつあります。

外傷記憶は時がたっても薄れることがなく、その人が意識するしないにかかわらず、一生その人の心と行動を直接間接的に支配します。

外傷記憶を形成するような体験とは、戦争、家庭内の暴力、性的虐待、産業事故、自然災害、犯罪、交通事故など、その人自身や身近な人の生命と身体に脅威となるような出来事です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に見られる症状の特徴

PTSD(心的外傷後ストレス障害)では、その種の出来事に対して、恐怖、無力感、戦慄などの強い感情的反応を伴い、長い年月を経た後にも、このようなストレスに対応するような特徴的な症状が見られます。

例えば、患者はその外傷的体験を反復的、侵入的に再体験(フラッシュバック)したり、外傷的体験が再演される悪夢を見たり、実際にその出来事を今現在体験しているかのように行動したりします。

あるいは、そのような出来事を思い出させるような活動、状況、人物を避けたり、その結果として孤立化したり、感情麻痺や集中困難、不眠に悩まされたり、いつも過剰な警戒状態を続けたりします。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、大きな心理的ストレスを体験してから数日、もしくは数週間経過した後に急性発症する場合がほとんどですが、数ヶ月後に発症するケースもあります。

一般的には、数週間経過した後、体験した出来事の情景が当時の感情と身体感覚を伴って、リアルにありありと再現(フラッシュバック)され、これが何度も繰り返されます。

その度に、何度も当時体験した非常な精神的苦痛を再体験することになるので、情動的に不安定となり、落ち着きがなくなり、イライラしやすく、同時にビクビクしており、時には突発的な暴力行為を起こすこともあります。

そのため、当然、仕事や勉強などは手につかず、記憶障害を伴ったり、過度の警戒や怯えが現れたり、れないということが起こります。

この症状が急性的に発症した場合は、ほぼ半年以内に自然消滅します。
しかし、これが慢性化すると、数ヶ月から数年継続し、たびたび重大な能力障害を引き起こすこともあります。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の主要症状は以下の再体験(想起)・回避・過覚醒の3つです。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の主要3症状>

1)再体験
原因となった外傷的な体験が、意図しないのに繰り返し思い出されたり、夢に登場したりする

2)回避
体験を思い出すような状況や場面を、意識的あるいは無意識的に避け続けるという症状、およびや感覚などの反応性の麻痺という症状を指す

3)過覚醒
交感神経系の亢進状態が続いていることで、不眠やイライラなどが症状として見られる

アメリカ精神医学会の診断マニュアル第4版(DSM-IV)では、再体験(B項目)が5項目中1つ以上、回避(C項目)が7項目中3つ以上、過覚醒(D項目)が5項目中2つ以上、揃っていることが診断のために必要です。

さらに、それらの症状が1ヶ月以上持続(E項目)、自覚的な苦悩か社会機能の低下が明らかな場合(F項目)に、医学的にPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されます。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療には、一般に心理療法(行動療法)と薬物療法が有効であるとされています。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、強い不眠と不安症状を軽くすることが重要です。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)による不安、不眠などには抗不安薬(いわゆる安定剤)が有効ですが、他の症状には無効といわれています。

一方、抑うつや再体験症状に対しては、抗うつ薬が有効です。

しかし、こうした異なるタイプの薬を併用しても回避症状が治りにくい場合には、心理療法(行動療法)などの併用も考える必要が出てきます。

心理療法(行動療法)に関しては、いくつかの種類の行動療法(脱感作法、曝露療法)の有効性が報告されています。

しかし、いきなり心的外傷のもとになっているトラウマ体験に直面する、という方法では、逆に症状が悪くなる例もあるため、治療者と相談しながら行う必要があります。

また、特に行動療法で症状が悪化しやすいとされているのは、罪や恥の意識、怒りなどの否定的な感情が強い人といわれています。

これら以外に、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対する効果が示されている治療法として、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)という特殊な治療法があります。

これはトラウマ場面を想起した後リズミカルに眼を動かすことを繰り返し行うことで、外傷的な記憶を通常の記憶と同様に再処理していくというものです。

その独特の方法のため、うさんくさい印象も与えかねないのですが、実際に有効性を示している報告も多く現在ではその有効性について認められつつあります。日本でもこの治療を行っている施設は徐々に増えてきています。

ストレスを受けた後に、ストレス体験を互いに話し合うことを「ディブリーフィング」と言いますが、それによってPTSD(心的外傷後ストレス障害)の発症が予防できるのではないか、という研究も進められています。

ただ、その有効性についてはまだ証明されていません。

こうしたPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療については、心理療法(行動療法)や薬物療法などのすべてに言えることですが、治療を受ける側も治療をする側も、相当な根気が必要です。

薬物療法による抗不安剤抗うつ剤はケースによって補助的に使用されることもありますが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の患者さんは、眠れない苦しみから逃れようとして、アルコールや薬物を乱用する傾向が大変強く見られます。

そのため、長期にわたる薬物治療はタブーとされています。

キレるを改善または克服

2010-02-02

キレる」について

キレるキレる」とは、相手に対して込み上げた怒りの感情が、我慢の限界を超えて一気に現れることを指す俗語です。

「堪忍袋の緒が切れる」ということわざの「切れる」が語源という説と、激しく怒り興奮した場合に、こめかみに浮き立つ青筋の血管が「切れる」ことを表わしたとする説が有力だと言われています。

キレる」ということは、「自分の感情をコントロールできない状態」である言われています。

最近では「キレる子供」だけでなく、「キレる大人」も増えており、さまざまな事件やニュースをよく耳にするようになりました。

確かに、現代はストレス過多で、「キレ」やすい環境と言えるのかもしれませんが、それでも社会に共存して生きている限り、私たちはちょっとしたことで「キレ」てばかりいることもできません。

キレる自分」に負けない=「自分の感情をコントロールする」ためにできることから始めていきましょう。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自分の感情をコントロールできない状態─「キレる」の症状や特徴

自律神経失調症は、呼吸や心臓を司る「自律神経」にストレスが加わることによって、身体の各器官の不調をきたす病気です。

自律神経失調症は病態が非常に複雑に絡み合って起こるため、医学的にも判断が難しいとされています。

この病気は人によって症状が様々ですが、一般的には倦怠感、手足の冷えやほてり、めまい、イライラや不安感、無気力、集中力の低下などがあります。

また、自律神経失調症は身体と心の双方に症状が現れることがあります。

身体に現れる症状としては、肩こり、頭痛、耳鳴り、目の疲れ、手足のしびれ、息苦しい、吐き気、腹痛、便秘、下痢、疲れやすい、微熱、不眠、食欲不振、立ちくらみ、気が遠くなるなど、あらゆる身体の不調が症状として現れます。

心に現れる症状としては、恐怖感、不安感、記憶力の低下、意欲の低下、イライラ、悲哀感などです。

自律神経失調症は複雑であるため、治りにくい病気であると言われており、最近では漢方薬で治療する医師も増えてきました。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

人はなぜ「キレる」のか?─「キレる」原因とは

現在の人々のキレやすさは、大脳の「辺縁系」という部分に問題があり、起こる病気と言えます。

脳の「扁桃」という部分は、私たちが怒ったり、喜んだりする感情の源で、コントロールしているのが「前頭葉」です。

実際、欧米で殺人などの事件を起こした凶悪犯の脳を調べると、前頭葉の血液の流れが普通の人より少ないと言われています。

こうしたことから、人がキレるのは、前頭葉のコントロール能力が弱くなっているからではないかと、専門家の間で言われています。

最近では、「キレる」ことと食生活との密接な関係が注目されています。
犯罪と食との関係について、すでに欧米では30年も前からその因果関係が指摘されてきました。

これまで日本での認識が薄かった理由は、普通に和食中心の日本食を食べていれば、特に問題が起きなかったためだと考えられています。

15年前に米国で行われた調査では、怨恨関係のない殺人を犯した人たちは、ほとんどジャンクフード(スナック菓子などの低栄養食品)とソフトドリンクだけで育ってきたことが分かりました。

ジャンクフードに大量に含まれるリン酸塩は、過剰に取ると、体内のカルシウムの吸収を阻害する働きをします。
カルシウムが不足すると、イライラしたり、神経や筋肉の緊張を押さえられなくなると言われています。

また、清涼飲料水などから大量の砂糖を摂取すると、体のメカニズムが崩れ、糖分をうまく体内に取り込めなくなり、低血糖症に陥ると言われています。

血糖値が低いと、ぼんやりして判断力が鈍り、カルシウム不足でイライラすると、攻撃ホルモンのアドレナリンが分泌され、すぐに暴力をふるってしまうと言われています。

また、最近若い人に欠乏していると言われる亜鉛も、動物実験から、不足すると情緒不安定になったり、狂暴化することが分かってきました。

そして、少年院に収容されている少年たちからの聞き取り調査では、次のような食生活の実態が明らかになっています。

<日米の少年院で収容者が共通して常食していたもの>

  • コーラなどの炭酸飲料水
    → 糖分が多く低血糖症になりやすい
  • スナック菓子
    → リン酸塩など添加物が多く亜鉛不足に
  • ハンバーガーや肉加工品
    → 動物性たんぱく質の摂りすぎでリン過剰
  • インスタント食品
    → カルシウム不足でイライラ、怒りっぽくなる
  • ケーキや菓子パン
    → 糖分過多のうえ、ミネラル不足
  • チョコレートミルク
    → 砂糖摂り過ぎ、ミルクアレルギーも
  • 缶コーヒー
    → カフェイン中毒と砂糖の害も
  • 合成着色料入り食品
    → アレルギーや情緒不安定
  • 合成保存料含有食品
    → 学力低下、みならるの働きを阻害

こうしたキレやすい人々の症状に対しては、長期的に食生活の改善を行っていくこと以外には、これまで薬物療法が行われてきましたが、どのような薬も決め手となるものはありませんでした。

精神の高揚を抑える精神安定剤を使った結果、患者は元気がなくなったり、吐き気や頭痛といった強い副作用に襲われ、服用を嫌がる患者さんも多いようです。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自閉症を改善または克服

2010-02-02

自閉症について

自閉症自閉症は多くの要因の組み合わせによって生じる脳機能の障害が基礎となって起こる障害です。
自閉症は生まれつきの障害で、ある程度の改善は期待できるものの、完全に治ることはないとされています。

自閉症の原因は現在もまだ不明ですが、これまでの医学的研究の結果から、自閉症は生まれる前からの遺伝素因的要因と、胎生期の問題、出産後早期の時期までに様々な要因が作用して、脳機能の成熟が障害されることによって、特徴的な発達や行動の異常が現れると考えられています。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自閉症の発見─精神科医カナーによる研究

自閉症は、専門的には自閉性障害、幼児小児自閉症、小児自閉症、などとも呼ばれますが、「自閉症」という名称をつけたのは、1943年、米国の精神科医カナーでした。

カナーは、自閉的な孤立、いわれた言葉をオウム返しに繰り返す(反響言語)、言葉の発達の遅れやゆがみ、優れた機械的な記憶、パターン化した行動(常同行動)、同一性保持といった症状を取り上げて、「自閉症」とよび、精神遅延でもなく、小児分裂病でもないという見解を示しました。

その後、研究も進み、現在では診断基準もより明確になっているものの、自閉症を小児分裂病や精神遅延とはっきり区別するカナーの考え方は、現在でも多くの学者が支持しています。

自閉症児のIQに関しては、大部分が70以下であり、多くの場合、50前後であるようですが、このカナータイプ(カナー症候群)の自閉症は、知的能力が低いことから低機能自閉症とも呼ばれています。

また、これに対して高機能自閉症(アスペルガー症候群)があり、低機能自閉症とは区別されています。

ちなみに高機能自閉症(アスペルガー症候群)とは、知的能力が低くない(知的障害を伴わない)vのことを指しています。
ここでは、高機能自閉症ではなく、一般的な自閉症について取り扱います。

自閉症の具体的な症状としては、人に笑いを見せることがなく、大人に抱き上げられても、それに応じる姿勢をとろうとしません。
愛着心が欠けており、母親の膝の上であろうと、他人の膝の上であろうと、同じようにまるで椅子に座っているかのように振る舞います。

また、パターン化した行動(常同行動)を頻繁に繰り返します。

例えば、同じ人形をただひたすら同じように並べるなど、同じモノで延々と同じ遊びを繰り返したり、何の目的もなしに、同じところを行ったり来たりしたり、ある場所へ行くのにいつも同じ道を通ることにこだわったりします。

そして、変化に抵抗しやすく、例えばいつも遊ぶ公園に行くのに、たまたまいつもと違う道を通ってしまうと、大声で泣いたりわめいたり、物をこわしたりと、精神的な混乱を示します。

また、自閉症児には両手利きが多いと言われています。

身体面での特徴としては、風邪などの感染症にかかっていても、発熱しなかったり、痛みをあまり感じないという報告もあります。

こうした自閉症の症状は、大きく3つに分けられ、次の症状が幼児期から見られます。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自閉症の具体的症状 その1
─人への関わり・関心の欠如

1つは人への関心や関わりが乏しいことです。
自閉症児は、乳幼児期から家族や周囲の状況に対する関心や関わりが乏しく、人に笑いかけることがありません。
母親に甘えることもなく、母親に遊んでもらうより一人遊びを好みます。

大人しく育てやすい子どものようですが、他人と視線を合わせることがなく、呼びかけられても反応を示さない、抱こうとしても抱かれる姿勢をとらないなど、乳幼児期から他人の意思や感情をくみとった行動がとれずに対人関係がうまく結べず、社会的発達の遅れが見られます。

そのため、人と関わることや、自分の気持ちを伝えたり相手の気持ちを汲み取ることがとても苦手です。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自閉症の具体的症状 その2
─言語・コミュニケーション能力の発達障害

2つ目は言葉を含むコミュニケーション能力の発達が障害されていること。
自閉症児の場合、3歳になっても言葉が遅いかまったく話さず、言葉の理解も同じ年頃の子どもに比べて遅れています。

言葉を口にしても、状況にそぐわない、とんちんかんな話をしたり、質問されても答えられずに、たびたびオウム返しをするなど、会話が成り立ちません。

話し方が一本調子で尻上がりになる、同じ語句を何度も繰り返し使ったり、独特な言い回しが目立つこともあります。

また、発していた言葉を、1歳を過ぎてからまったく話さなくなるケースも見られます。

さらに、言葉に代わる身振りやしぐさ、視線、表情などで表現することができず、他人の身振りなどもうまく理解することができません。

自分の意思を上手に伝えられないため、欲しいもののところに相手の腕を引いて連れていく“クレーン現象”も自閉症の特徴です。

そのため、普通のしゃべり方やコミュニケーションの取り方、人や物事への適切な関わり方を習得することが容易ではありません。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自閉症の具体的症状 その3
─執着的・常同的な傾向

3つ目は興味や関心の幅が狭く、執着的な傾向や常同的な行動があることです。
自閉症児の場合、行動や遊びがいつも一定の状態や順序であることに異常にこだわり、パターン通りに運ばないとパニックに陥り、泣きわめいたり、かんしゃくを起こして物をこわす、頭をカベに打ちつけるなど、攻撃的になったり、自傷行為に及ぶこともあります。

年齢相応のごっこ遊びやものまね遊びには関心を示さず、特定の遊びや物事、物に異常に熱中します。

興味の対象は、布や紙切れなど物体の一部、木の葉、ビンのふた、音楽、数字や文字、マークなど、一般の幼児が好むおもちゃではないこともあります。

また、その場の状況に関係なく、手や指をひらひら動かしてくねらせる、カラダをゆする、くるくる回る、つま先立ちで歩く、頭を打ちつけるなど、異常なしぐさや行動を繰り返す常同行動が見られることもあります。

これらの特徴的な自閉症の症状は、2~4歳くらいによく見られるようになり、周囲が異常に気づくようになります。

自閉症と診断されるのも、この時期が多くなっています。

このほか、精神遅滞(ただし、知的発達の程度はさまざまで、機械的な記憶が得意など特定のジャンルで優れた能力を発揮することもあります。)、学習や運動の障害、動き回って落ち着きがない、不器用、動作がぎこちない、異物を食べる、摂食障害なども見られます。

そのため、自閉症の人は見たり聞いたり、感じたりすることを普通の人と同じように理解することができず、行動も自分勝手に見えることがあります。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自閉症の原因

自閉症の原因として、昔は「母親の養育態度に問題があるから、子どもが自閉的に引きこもる」などともっともらしく言われていましたが、現在ではそういった因果関係は証明されていません。

むしろ、医学的な研究が進んだ結果、現在では生まれ持った障害に原因があると考えられるようになっています。

実際、自閉症児は、健常児に比べ、脳の形成不全などといった多くの先天的な障害を持っていることが報告されています。

また、自閉症の遺伝性については、さまざまな調査報告がありますが、自閉症が単純に遺伝することはあり得ないものの、原因のひとつであるという見方がなされています。

ただ、現段階では自閉症の原因は、充分に解明されていないというのが現状です。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自閉症に見られる問題行動とは

自閉症には時として問題行動というものが見られる場合があります。

自閉症の問題行動とは、激しい攻撃的な行動のように周囲にとって危険な行動や、自分の身体を叩いたり、打ち付けたり、傷口をえぐって悪化させるなどの自傷行為のように本人にとって危険な行動の他、周囲を戸惑わせたり、困らせたりする、より軽度な行為を含む行動のことです。

この問題行動には自閉症特有の心理的および行動的特徴が関係しています。

自閉症の問題行動には、執着的傾向が作用し、しつこく反復的に行われる傾向があります。
相手の気持ちが理解できないためブレーキが利かず、相手が困ることや怒るなどの反応が面白くて、さらにしつこく繰り返されることがあります。

また、問題行動には精神発達が反映されます。
例えば、人への関心が乏しかった自閉症青年に対人的関心が芽生え、それが異性への関心も含んでいると、見知らぬ女性に接近したり、触る行動が現れる場合があります。

これは本人にとっては発達的変化ですが、周囲にとっては問題行動となってしまいます。
攻撃的行動などは思春期以後に強まる傾向がありますが、これも何らかの発達的変化が関係していると考えられています。

さらに、自閉症は嫌な体験に対する適切な対応が困難で、ストレスがうまく解消できないため、それが問題行動となって表現される場合もあります。

また、記憶力がよいため、嫌な体験は解消されずに蓄積され、これらが限界を越えると、ちょっとしたことをきっかけに激しいパニックを生じることもあります。また、不意に過去の嫌な体験を思い出してパニックになることもあります。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

自閉症に対する改善策

現在のところ、自閉症への直接的な改善効果が認められている薬物はないと言われています。
そのため、自閉症治療には適切な療育的対応を発達段階に応じて行うことが必要だとされています。

両親特に母親は、スキンシップを深め、常に話しかけることが大切です。

脳の成熟を促すには、全身の筋肉を使う三輪車遊びやボール遊び、手先を使う折り紙やあやとりなどが効果的ですが、気に入った遊びを満足いくまでやらせることも喜びや楽しさを知るためには必要です。

自閉症児は、敏感で神経質、緊張しやすく傷つきやすく、他人との交流が苦手です。
交流が楽しいと思える機会を増やし、徐々に社会性を養っていくことが大切です。

自閉症の問題行動に関しては、原因を排除する、原因不明あるいは排除が困難な場合は、他のことに目を向けさせる、カラダを動かしてストレス解消を図る、さほど害のない問題行動についてはいちいち注意しない、といった対応をして、どうしてもおさまらない場合は、医師に相談することをお勧めします。

[PR] 天然素材でケアする心と体のためのメンタルヘルスサプリなら「ヌーススピリッツ

« Older Entries Newer Entries »  
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション