うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

Archive for the ‘睡眠薬’ Category

マイスリー

2010-01-25

一般名ゾルピテム(酒石酸ゾルピデム:zolpidem)。わが国ではアステラス製薬(開発はフランスのサノフィ・サンテラボ社、現在のサノフィ・アベンティス社)が販売している睡眠薬。商品名はマイスリー。非ベンゾジアゼピン系に分類され、ω1受容体に作用することで効果を示す。1992年に世界で初めてフランスで販売が開始され、日本では2000年8月から販売が始まっている。 なおマイスリーは日本での商品名。欧州ではStilnox、アメリカではAmbienという商品名で販売されている。

ゾルピデムの構造
日本国内で処方されるマイスリー5mgの錠剤同じく睡眠薬としてよく知られたハルシオンと同様、超短時間作用型であり睡眠導入剤(寝付きの悪さの改善)として使用される。 日本では医師の処方せんなしでは入手することはできない。

○効能・効果
比較的短期(大体2週間から6週間くらい)の不眠症(統合失調症及び躁うつ病に伴う不眠症は除く)に用いる。 適応する不眠症としては、神経症などによる不安などからくる、入眠困難などに使われる。 ある種の不眠「早朝覚醒、夜中に何度も目が覚めるなど」には用いられない。この場合は、ベンゾジアゼピン系などの中間作用型の薬が使用される。(フルニトラゼパムなど)

成人は1日1回、就寝直前に空腹時経口投与する。投与後、ゾルピデムは速やかに胃腸吸収され、約0.7~0.9時間で血中濃度が最高値に達した後、 消失半減期、約1.7~3時間を経て速やかに減少する。 投与してから薬が効いてくると実感できるまでは最短15分。

投与量によっては、消失半減期に達しても、摂取したゾルピデムの量が多いほど残血中濃度は高くなる傾向にあるが、摂取して8時間後の血中濃度を調べると、投与量に関わらず残血中濃度はほぼゼロに近くなる。このため、摂取量により効きの具合に違いがあっても翌朝に眠気や倦怠感などが非常に残りにくいのが特徴である。

血中濃度が最高値に達するまでの時間が非常に短く、また消失半減期も非常に短いのが最大の特徴である。このため、ゾルピデムは即効性短期作用型の、いわゆる”睡眠導入剤”として使われる。

○剤形
5mgおよび10mgのフィルムコート錠。

○用法・用量
通常、成人には酒石酸ゾルピデムとして1回5mg~10mgを就寝直前に経口投与する。なお、高齢者には1回5mgから投与を開始する。年齢、症状,疾患により適宜増減するが、最大量は1日10mgを超えてはいけない。また、長期に多量に服用すると、僅かながらも耐性が形成され、依存性が生じてくる恐れがあるため、注意が必要である。

○作用機序
GABA-A受容体複合体のベンゾジアゼピン結合部位(ω受容体)に働き、γ-アミノ酪酸 (GABA) の作用を増強する。ω受容体には2つのサブタイプがあり、ω1受容体は催眠鎮静作用に、ω2受容体は抗痙攣作用、抗不安作用及び筋弛緩作用に深く関与しているものと考えられている。ゾルピデムはトリアゾラム(ハルシオン)に代表されるベンゾジアゼピン系睡眠薬と比較してω1選択性が高く、催眠鎮静作用に比べて、抗不安作用、抗痙攣作用や、筋弛緩作用が弱いのが特徴である。また、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に比べ、反復投与しても耐薬性、依存性が形成されにくい。

○副作用
副作用として依存性の形成、呼吸抑制、一過性前向性健忘、起床後の眠気・ふらつきなど。重症筋無力症、急性狭隅角緑内障には禁忌となる。夢遊病のような事例も報告されている。アメリカ食品医薬品局 (FDA) によれば、睡眠中に車を運転しようとしたり、食事をするなど異常な行動をひき起こす危険性があることが報告されている。仏サノフィ社は、夢遊病の症例は確率が1000人に1人以下のまれな副作用であると声明を出している。

○その他
また、1999年に遷延性意識障害となった人へ投与したところ意識が一時的に回復(その後薬の効果が無くなると共に昏睡状態に戻る)したことから、現在その効果についての臨床試験が行われており、一部の被験者には実際に効果が出ている報告も上がっている。

※ウィキペディアより抜粋

ユーロジン

2010-01-25

一般名エスタゾラム (estazoram) 。中時間作用型のベンゾジアゼピン系睡眠薬の一種。抗不安薬、抗痙攣薬、鎮静薬、骨格筋弛緩薬。不眠症の治療の他、麻酔前投薬等で用いられる。日本においては、ユーロジン®の商品名で販売されている。

化学式はC16H11ClN4で、分子量は294.7。

比較的安全性の高い薬で、正しく服用するかぎり、重い副作用はないが、人によっては起床後の眠気・ふらつきなどの副作用が発生する場合がある。

※ウィキペディアより抜粋

リスミー

2010-01-25

一般名塩酸リルマザホン (rilmazafone hydrochloride) 。睡眠導入剤の一種。短-中時間作用型。日本での商品名はリスミーなど。

○効果と対象
睡眠薬として不眠症の患者に使用されるほか、麻酔前投薬にも使用される。

平均約3時間で最高血中濃度に達し、そこから10.5時間持続する。睡眠薬としては短~中期作用型なので、単純に寝つきが悪いだけではなく、夜中に起きてしまって眠れないようなケースにも処方される。

薬の効果としては強い方ではなく、重篤な副作用を起こしにくい安全な薬であるため、高齢者の不眠症状にすら最初から処方されることもある。

○使用上の注意
以下に当てはまる場合、リルマザホンを投与する際は注意を要する。

呼吸器官に異常があり、呼吸機能が高度に低下している患者
高齢者
また、以下は投与してはいけない禁忌となるケースである。

急性狭隅角緑内障を持っている患者
重症筋無力症のある患者

○副作用
倦怠感、頭痛、集中力低下、ふらつき、脱力感など。 一般に強い副作用が発現しやすい薬ではない。

以下は、ごく稀に起きる可能性のある、重度の副作用である。

肝機能障害
呼吸抑制
呼吸機能が大きく低下している患者の場合、呼吸抑制が原因で炭酸ガスナルコーシス(CO2ナルコーシス)を起こし、意識を失い、必要な処置をしなければ死亡するケースもある。
不整脈のような循環器系の異常
発疹を伴う過敏症
薬物依存

○種類
錠剤:1mg,2mg

※ウィキペディアより抜粋

Newer Entries »  
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション