うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

Archive for the ‘抗てんかん薬’ Category

アレビアチン/ヒダントール

2010-01-25

【商品名】アレビアチン ビダントール
【一般名】フェニトイン

一般名フェニトイン (phenytoin, PHT) 。ヒダントイン系の抗てんかん薬の一種。1908年にドイツ人化学者のHeinrich Biltzにより初合成された。CAS登録番号は [57-41-0]。IUPAC名は5,5-diphenylimidazolidine-2,4-dione。 日本国内では、アレビアチンヒダントールという商品名で発売されている。

○適用
脳の神経に作用し、てんかん発作を抑制する。
てんかん発作に効果はあるが、効果があるのは強直間代発作や部分発作のみであり、欠神発作、脱力発作、West症候群に対してはまったく効果がない。

○副作用
副作用として歯肉増殖、多毛症、注意力・集中力・反射運動能力の低下、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、SLE様症状、無顆粒球症・血小板減少・巨赤芽球性貧血などの血液障害、催奇形性(胎児フェニトイン症候群:口蓋裂、口唇裂、心奇形)などがある。 また、長期間または大量服用などによって、小脳の機能障害・小脳萎縮を起こすこともあり、自立歩行が困難または不能になる場合もあるため、服用中はMRIなどによる画像診断を受け注意を払う必要がある。

○血中濃度
血中濃度のコントロールが非常に難しくちょっとした生活習慣の変化でも血中濃度が上下するため慎重な投与が必要となる。またセントジョーンズワートを使用した健康食品を一緒に投与すると効果が落ちる恐れがあるため、セントジョーンズワートを使用した健康食品を服用している人は医師や薬剤師と相談の上で決めること。
血中濃度が20μg/mlを超えると急激に血中濃度が上昇し異常をきたす恐れがあるので注意すること。

※ウィキペディアより抜粋

セレニカR/デパケン/デパケンR/ハイセレニン/バレリン

2010-01-25

【商品名】セレニカ デパケン ハイセレニン バレリン
【一般名】バルプロ酸ナトリウム

一般名バルプロ酸ナトリウム (Sodium Valproate) 。抗てんかん薬、抗躁薬として用いられる有機化合物の一種。オキサゾリジン系。分子式は C8H15NaO2。特異なにおいがあり、水に溶けやすい。
てんかん、またてんかんによる行動障害のほか、躁病、躁うつ病などに適応がある。GABA(γ-アミノ酪酸)トランスアミナーゼを阻害することにより抑制性シナプスにおけるGABA量を増加させ、薬理作用を発現する。
日本では協和発酵キリンからデパケン®、興和からセレニカ®などの商品名で販売されている。

○禁忌
重篤な肝臓障害のある患者(致死的な肝障害悪化の恐れ)
カルバペネム系抗生物質との併用(バルプロ酸の血中濃度低下)
尿素サイクル異常症患者(高アンモニア血症の恐れ)
妊娠している者は原則として服用を避ける(催奇性・胎児への肝障害等発現、退薬症状発現の恐れ)

○製剤の種類
錠剤:100mg,200mg,400mg
細粒:20%,40%
シロップ:50%

○用法・用量
1日400~1200mgを分割経口投与する。なお症状、年齢により適宜増量する。
治療効果が期待できる濃度域が限定されるため(50-100μg/ml)、バルプロ酸(Valproic acid; VPA)として血中濃度をモニタリングする必要がある。

※ウィキペディアより抜粋
 
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション