うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

エビリファイ

2010-01-25

【商品名】エビリファイ
【一般名】アリピプラゾール

一般名アリピプラゾール(aripiprazole hydrochloride)。大塚製薬から発売されている非定型抗精神病薬のひとつ。2006年1月に許可。日本では統合失調症に用いられる。分子式は C23H27Cl2N3O2 。
脳内の中脳辺縁系および中脳皮質系に作用し、ドーパミン刺激を調節する。アリピプラゾールはドーパミンアゴニストでありかつアンタゴニストでもあり、ドーパミンが不足している中脳皮質系ではこれを増量させて感情鈍磨や無為・自閉などの陰性症状を改善し、またドーパミンが過剰に作用している中脳辺縁系ではこれを減少させて幻覚、妄想などの陽性症状を改善する。ただし、これは統合失調症のドーパミン仮説に基づいた解釈であり、実際にどのように脳内で作用しているのかは不明である。特筆すべき点は、抗精神病薬は概ね錐体外路症状をきたすが、アリピプラゾールはほとんどこれをきたさないという点である。副作用の少ない、優れた抗精神病薬であるといえよう。ただ、現在の日本では統合失調症の薬物療法のファーストチョイスはリスペリドンやオランザピンであり、アリピプラゾールはまだあまり浸透していない。
また、抑うつ状態に対し、抗うつ薬があまり有効でない場合、少量のアリピプラゾールを加えることによって、抗うつ効果を増強させることができる症例も報告されている。

○禁忌・注意
糖尿病またはその危険因子のある者は糖尿病性ケトアシドーシスや糖尿病性昏睡などが起こる可能性があるため、高血糖の症状に十分注意する。特に喉の渇き、多尿、多食、脱力感などがあった場合は直ちに医師に相談すること。
バルビツール酸誘導体等の強い影響下にある者は投与できない。
エピネフリンを服用中の者は血圧降下作用が増強する可能性があるため、注意すること。
肝障害のある者は悪化させる場合があるため、慎重に服用すること。
眠気、集中力の低下などが起こる場合があるので、自動車の運転は控えること。

○用量・用法
通常、成人に1日 6~12mg を開始用量として、1日 6 mg~24 mg を維持量とする。1回または2回に分けて経口投与し、1日 30mg を超えないようにする。なお年齢や症状に応じて適宜減量する。また、効果を発揮するまでに約2週間必要なため、2週間以内に増量しないことが望まれる。

○種類
錠剤:3mg,6mg,12mg(12mgは2007年に許可)
散:1%

※ウィキペディアより抜粋
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション
このページのトップへ▲