うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

ケセラン/セレネース/ハロステン/リントン

2010-01-25

【商品名】ケセラン セレネース ハロステン リントン
【一般名】ハロペリドール

一般名ハロペリドール(Haloperidol)。1957年ベルギーのヤンセン社の薬理学者ポール・ヤンセン(Paul Janssen)がアンフェタミン(覚せい剤)による運動量昂進に対して拮抗する薬物として発見したブチロフェノン系の抗精神病薬である。抗妄想・幻覚作用などを有する。主に中枢神経のドパミンD2受容体を遮断することで作用する。統合失調症の治療薬として多く用いられているものの一つである。統合失調症以外に、躁うつ病、せん妄、ジスキネジア、ハンチントン病、トゥレット障害などにも使用される。
副作用として、パーキンソン症候群(振戦、固縮、小刻み歩行など)、急性および遅発性ジストニア、急性および遅発性ジスキネジア、悪性症候群、高プロラクチン血症などがある。これらは、本来の標的である中脳辺縁系以外の神経伝達を遮断してしまうことによって生じる。たとえばパーキンソン症候群、高プロラクチン血症は、それぞれ黒質線状体系、下垂体漏斗系のドパミンD2受容体を遮断することで生じる。近年、これらの副作用が比較的少ない非定型抗精神病薬が使用されるようになっている。
日本国内では大日本住友製薬からセレネース®、田辺三菱製薬からリントン®などの商品名で発売されている。

○用量・用法
通常成人1日 0.75mg から 2.25mg から始め、徐々に増量し、維持量として1日3~6mgを経口投与する(経口剤)。 年齢、症状により適宜増減する。

○剤形・種類
錠剤:0.75mg、1.5mg、1mg、3mg
細粒:1%
内服液:0.2%
注射剤:5mg

○副作用
悪性症候群、心室頻拍、悪性イレウス、遅発性ジスキネジアなど

○禁忌
昏睡状態の者
パーキンソン病の者
エピネフリンを投与中の者
妊娠または妊娠している可能性のある者
重症心不全患者

※ウィキペディアより抜粋
このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション
このページのトップへ▲