うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

ソフミン/ヒルナミン/レボトミン

2010-01-25

【商品名】ソフミン ヒルナミン レボトミン
【一般名】レボメプロマジン

一般名レボメプロマジン(Levomepromazine)。フェノチアジン系の抗精神病薬である。薬力価はクロルプロマジンと同等とされるが、坑幻覚作用は弱い。しかし、ノルアドレナリン系の遮断が強く、著しい衝動性の興奮や錯乱状態における異常行動を抑制する鎮静作用は強力である。代表的な商品名としてヒルナミン、レボトミン、ソフミン、レバル、プロクラジン、レボホルテなどがある。市販されているものには5mg,25mg,50mg錠がある。
またこの薬は向精神薬(メジャートランキライザー=強力な精神安定剤)であり、医師、または精神科医などの処方せんが無ければ入手できない。

○薬理作用と特徴
脳内のD2受容体(ドーパミン2受容体)を遮断することにより、不安、興奮、イライラ、不眠などの症状を改善する。ただ、力価が低いため、D2受容体への選択性は低く、幻覚、妄想などを抑える効果は低いが、ノルアドレナリン神経系への作用が強く、思考を抑制し、強力な鎮静作用を発揮する。ただしα受容体の遮断や抗ヒスタミン作用などが強く、その分、血圧降下やめまい・眠気・判断力の低下が強く出ることがある。

○効果と対象
強い鎮静効果と催眠効果を持ち、躁病、うつ病、統合失調症、神経症、不眠などの神経症の治療薬として広く利用されている。同じフェノチアジン系の向精神薬としてはクロルプロマジンなど数種類があるが、レボメプロマジンは他種よりも鎮静作用が極めて強い。そのため、著しい興奮を抑制する際の処置薬としての第1選択薬とされることが多い。(救急外来等)
また、脳の思考回路を抑制し、異常行動や興奮を鎮静する作用が強いため、深い眠りを作ることができることも知られ、中間型の睡眠薬としても使用できるが一般的な用法ではない。(この場合は適応外処方となる)

○用法
通常、成人にはマレイン酸レボメプロマジンとして錠剤や顆粒で1回5~50mgを経口投与する。1日量は25~200mgまでとされる。興奮が強い時などは注射製剤により筋肉注射をすることが可能である。注射を行う場合は、塩酸レボメプロマジンとして1回25mgを筋肉内注射する。

○副作用
抗コリン作用などが強く起こる事がある。主に、眠気、だるさ、口の渇き、便秘、かすみ目、性機能障害、起立性低血圧などが起こることがある。また、抗アレルギー効果(ヒスタミン受容体遮断)があるため、鼻づまりなどの症状が起きることもある。稀に悪性症候群、パーキンソン病の症状(パーキンソニズム)が発生することがある。(また、睡眠薬として使用した場合においての健忘は少ないようである)また、長期的な服用により、ノルアドレナリン神経系に影響を与え、外的ストレスに弱くなるという報告もある。

※ウィキペディアより抜粋

このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション
このページのトップへ▲