うつ・キレる・情緒不安定・不眠・摂食障害・依存症「心・精神・身体」の症状と問題を改善・克服するためのサイト

副作用って何?

■知っていますか?副作用のこと

「薬」と言われるいわゆるすべての「医薬品」には、「副作用」と言われる作用があります。これは薬を飲む以上決して避けられない身体の反応です。では、この「副作用」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?このページでは、「副作用」を理解するために必要となる様々な情報をご紹介します。

 

 

副作用とは?

冒頭でも書きましたが、薬を飲む限り、副作用は決して避けることができません。なぜ、副作用は避けられないのでしょうか?副作用を理解するためには、まず、薬(医薬品)がどのような働きをしているかということを理解する必要があります。私たち人間が薬(医薬品)を飲むときは、多くの場合、1つの症状を改善するために服用します。しかし、この薬(医薬品)は、1つの症状を改善する作用だけを持っている訳ではありません。すべての薬は、通常、いくつかの作用を併せ持っています。そのため、「治療」という本来の目的である作用(これを「主作用」と言います)を得るために薬を飲んだ場合、治療作用の他に、必然的に本来の目的である「治療」とは異なる「別の作用」が同時に引き起こされます。この「別の作用」が一般的に言われている「副作用」です。因みに、学術的には「副作用とは、薬効を発現するために働くメカニズムと同じ線上にあって、治療の主目的に沿わない方向に発現する作用」と定義されています。その他、世界保健機関(WHO)では、副作用について、「有害であり、意図されない疾病の予防・診断・治療、または生理学的機能の修正のために、通常の使用量で薬を使用した際、薬によって人に引き起こされる何らかの反応」と定義されています。

また、この「副作用」を社会的な意味を含め、さらに広義で捉えると、副作用は薬が人にもたらすマイナス面と言えます。この場合、依存・乱用・薬物相互作用による有害反応・中止時の反跳・ウイルス感染・発ガン・催奇形なども「薬の副作用」と捉えることができます。

しかし、こうした副作用はすべての人に対して同じように現れるという訳ではありません。その症状は使用する薬によって、また、人によって様々です。現在、医療機関で処方されている薬(医薬品)は、「副作用」よりも本来の「主作用」としての有用性が高いと認められている薬であり、安全性に対する検査も行われています。

 

副作用が起きる要因

では、この副作用は、どのような場合に起こるのでしょうか?副作用が起きる要因は大きく3つの影響に分けられると言われています。1つは薬(医薬品)そのものが持つ作用による影響です。これは、上記でもお伝えしたように薬の基本的な特性です。2つ目は、薬の使用量によって起こる影響です。これは、1つ目と関係していて、もともと副作用を持つ薬の用量を増やすことで、副作用が増大します。しかし、医師から処方される薬は、その人の症状や体格、年齢、体調などに合わせて、効果が最大限に現れ、副作用が最小限に抑えられる最適な用量が考えられていますので、指定された用法・用量を守っていれば、こうした影響は最小限に防げます。3つ目は薬の使用量に関わらず、患者さんの体質・体調と薬の関係による影響です。これは、人によって様々な体質・体調があるために起こる場合です。例えば、その人と薬との相性や、腎臓機能が低下している人の場合などは、体内に薬が蓄積されやすくなり、副作用が起こりやすくなるといったことです。以前に何らかの薬で副作用の経験がある場合は、未然に副作用を防ぐためにも、そのことを事前に医師に相談することが大切です。

 

副作用を最小限にするために

こうした副作用を最小限にとどめるためにも、医師に頼るだけでなく、私たち自身も薬の使い方や副作用などに関する知識を持つことは、非常に有効です。市販薬を使う場合には、添付されている説明書をよく読むことが必要です。また、病院などで医師から処方される薬の場合は、医薬品名と注意すべき副作用について、しっかりと説明を受け、充分なインフォームド・コンセント※のもとに治療を受けることが大切です。いずれの場合にも、決められた用法・用量をきちんと守ることは大前提です。

精神疾患に使用される薬の場合、副作用が出るのは良く知られていますが、それでも、もし、薬の使用時に「副作用では?」と感じた場合や何か異常を感じた場合は、すぐに担当医師や薬剤師に相談してください。ただし、自分勝手に薬をやめて放置しないでください。何らかの処置が必要な場合もありますし、飲み続けていた薬を急に中止すると、かえって副作用が強く出る(反跳性の副作用)場合や、病状が悪化することなども考えられるためです。

 

※インフォームド・コンセントとは?

「説明をうけた上での同意の意」のこと。つまり、医師が患者に診療の目的・内容を充分に説明して、患者の納得を得て治療することを意味します。この発想はもともとアメリカで生まれました。日本では1980年代半ばから、その必要性が認識され、近年では、ますますインフォームド・コンセントに対する意識が高まっています。

 

■「心の病」に見られる副作用の症状

副作用の現れ方は、すべての薬において、様々であり、1つの薬に関してもいろいろな副作用があります。また、服用する人の体質によっても現れる症状は様々です。特にアレルギー体質の人や腎臓・肝臓機能の低下している人、高齢の人などは、副作用が現れやすいのです。また、多く飲み過ぎると、当然、副作用は強くなります。

では、精神疾患いわゆる「心の病」に見られる副作用とは、どのようなものがあるのでしょうか?例えば、抗うつ剤の代表的な副作用としては、眠気、めまい、かすみ目、立ちくらみ、ふるえ、吐き気、口の渇き、だるさ、便秘、食欲不振、発疹、肝機能障害などがあります。その他、向精神薬や抗不安薬、睡眠薬などにも副作用はありますが、詳しくは”「心の病」に使用される薬(医薬品)とは?“のページをご覧ください。

>> 「心の病」に使用される薬(医薬品)とは? のページはこちら!

 

このページのトップへ▲
うつ むきかげんの気持ちに/ヌーススピリッツ
ホットヨガ入会キャンペーン|進化するヨガ 〜ホットヨガスタジオLAVA 太陽と大地のエネルギー凝縮!スーパーフルー「アサイー」
【タイムセール実施中】Oisixのおためしセット|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす) 働く女性のための訪問型リラクゼーションサービス「イエテラピー」
海外ホテル・国内ホテル・格安ホテルを予約 | ホテルズドットコム (Hotels.com Japan) シャレー・ラ・ネージュ みなかみ ペンション
このページのトップへ▲